しらべぇ

永世7冠・羽生善治、三浦知良の「若手から学ぶ姿勢」に賞賛の声

『5時に夢中!』で永世7冠・棋士の羽生善治やキングカズこと三浦知良の「若手から学ぶ姿勢」を紹介

人間関係

史上初の永世7冠を獲得、棋士として初の国民栄誉賞も期待される羽生善治(47)と、日本サッカー界をけん引し、現役を貫くキングカズこと三浦知良(50)の「若手から学ぶ姿勢」が話題だ。

((C)ぱくたそ)

 

■若手から学ぶ2人

14日放送『5時に夢中!』(TOKYO MX)では、2人の記事を紹介。47歳の羽生は、「若くて研究熱心な人たちの棋譜を勉強しながら、『いいところを取り入れてかなくてはいけない』と感じることが、ここ1,2年非常に多い」と回答。

三浦も若手に「どうやったら上手くなるか教えて」と率先して若手に声をかけるなど、2人が若手から「刺激」や「新しい可能性」を得ていることを明らかにした。

 

■中瀬ゆかり氏も賛同

これを受け、新潮社出版部部長の中瀬ゆかり氏(53)は、「先輩や師匠に学ぶのが普通だが、逆に若手に学ぶこともある。若手が上をさらに進歩させる材料になる。若手をバカにする人は1流にはなれない」と賛同。

作家の岩井志麻子氏(53)は「今や自分よりみんな若い。意識しなくても若い方たちにご指導を願う」と自然に若手から学んでいると明かした。

 

■若手の声に耳を傾けるのは重要

記事では、同様にビジネスの世界でも「業界に毒されていない新人は、上司が気づかないことを口にする」こともあるため、若手の声に耳を傾けるのは大変重要だと紹介。視聴者もこの考え方に賞賛を贈っている。

将棋界とサッカー界の一線で活躍し続ける羽生と三浦は、今なお常に謙虚に新しいものを吸収する姿勢を崩さない。それが2人を1流で居続けさせてきた大きな要因の一つなのだろう。

 

■約1割は「後輩をいじめたことがある」

しらべぇ編集部で全国20〜60代の職場に後輩がいる男女405名に「職場で後輩をいじめたことがあるか」を質問、「ある」と答えたのは、男性で11.8%、女性は10.3%となった。

イジメ

いじめの原因の中には、「仕事のできる後輩・若手に対する嫉妬」もあったはずだ。しかしそれは、いじめ加害者の器の小ささを露呈しているに過ぎない。

羽生や三浦であれば、後輩や若手を排除するのではなく、その嫉妬を抑え込んで「できる部分」を自分のモノにしようと動くだろう。それが長年1流で居続ける人とそうでない人との大きな差に違いない。

・合わせて読みたい→南キャン・山里「潰しておきたい後輩芸人」告白も「優しい」と賞賛の声

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年4月22日~2016年4月25日
対象:全国20代~60代の職場に後輩がいる男女405名(有効回答数)

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集