しらべぇ

はじめしゃちょー、自宅にストーカーが侵入「怖かった」 ネット騒然

11月にストーカー被害を報告していたはじめしゃちょー氏。今回の現行犯逮捕にファンは騒然。

社会

(画像はYouTubeのスクリーンショット)

動画投稿サイト『YouTube』に動画を投稿し、広告収入などを得る「新しい職業」として注目を集めるユーチューバーたち。

そんな中、日本のトップクリエイターの1人であるはじめしゃちょー氏は今年11月よりストーカー被害を報告。すでに警察に相談するなど対応をしていたものの、事態が急展開を迎えインターネット上が騒然となっている。

 

■防犯カメラで対策も、自宅にストーカー侵入

つきまとい行為禁止令を受けていたにも関わらず、静岡県内のはじめしゃちょー氏の自宅に押しかけるなどして、ストーカー規制法違反と住居侵入の疑いで25日に千葉県市川市の派遣社員の女性(29)が現行犯逮捕された。

報道によると、逮捕された女性は25日午前4時頃今年11月に同法に基づく禁止令を受けていたにも関わらず、はじめ氏の自宅に押しかけたうえ、正当な理由がないのに侵入した疑いが持たれている。

110番通報を受けた警察官が取り押さえ、現行犯逮捕となった。女性は「約束があって来た」と容疑を一部否認しているという。

 

■防犯カメラなどで対策も…「怖かった」

はじめ氏は今年11月22日に投稿した動画にて、ストーカー被害を受け警察署にて事情聴取を受け、禁止令が出されたことを報告。

また、はじめ氏はかねてから自宅住所を突き止めた視聴者らによる迷惑行為を動画で報告しており、自宅には業務用の防犯カメラを複数台設置するなど、防犯対策に努めていた。

はじめ氏は25日にツイッターにて…

ストーカー被害を示唆するツイートを投稿。「怖かった」と心境をつづっている。

 

■「怖すぎる」ファンら騒然

報道を受けて、はじめ氏のファンなどインターネット上は騒然。「自宅に侵入した」という点について「怖すぎる」といった声が続出。

逮捕された女性は過去にも別のユーチューバーに対してストーカー行為をした経歴も報じられており、ユーチューブ視聴者からははじめ氏をはじめとする人気クリエイターたちを心配する声も。

 

■20代男性は10人に1人がストーカー被害に

しらべぇ編集部が全国の20~60代男女1,376名を対象に「ストーカー被害」について調査を実施したところ、女性だけでなく男性のストーカー被害の深刻な現状も浮かび上がった。

性年代別にみてみると、20代女性がもっとも多く20.9%。男性も20代がもっとも高い割合を占めおよそ10人に1人という割合に。

自宅や自宅付近で撮影した動画を投稿しているユーチューバーたち。その結果、何らかのかたちで住所を割り出され、「迷惑行為を受けて引っ越しせざるを得なくなった」との報告をしているクリエイターも少なくない。

「身近な存在」であることも彼等が親しまれているポイントの1つ。しかし、ファンであるならば節度ある対応を心がけてほしい。

・合わせて読みたい→一目惚れした女性を20年間ストーカーした男 一途すぎる思いに「ドン引き」の声

(文/しらべぇ編集部・もやこ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年7月22日~2016年7月25日
対象:全国20代~60代の男女1,376名(有効回答数)

この記事の画像(1枚)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu