しらべぇ

「自在に壊れる家電」「ボロボロの服」 Gカップグラドルのパパ活テクに驚愕

『女が女に怒る夜』でグラドル・まろかが驚きの「パパ活」テクニック・メソッドを紹介

男女

男女の関係なしで、女性が父親ほどの年齢の男性からデートなどしてお小遣いをもらう「パパ活」。専用アプリが登場、多くのメディアでも取り扱われるなど今注目が集まっている。

パパ活歴1年のGカップグラビアアイドル・まろか(27)が、27日深夜放送『女が女に怒る夜』(日本テレビ系)に登場。自身のパパ活テクニックを紹介し、視聴者を驚かせた。

(画像はまろかTwitterからのスクリーンショット)

 

■パパ活テクニックとは

京都在住の会社経営者、65歳の男性とパパ活中の彼女。都内で家賃14万円のマンションに住み、「今月ピンチ」とパパに頼んで月に数十万円のお小遣いをもらっていると告白。

パパに会う時は、あえて使い込んだボロボロの「場にそぐわない恰好」で出かけ、洋服を買ってもらう。「家電が壊れた」アピールをして新しい家電代をもらうとテクニックを披露。

自在に家電が壊れるらしく、取材時は使えていた冷蔵庫も「3日に1回くらい使えなくなる」と悪びれることなく笑った。

 

■パパ活のメソッド

パパ活のゴールデンエイジは「63~68歳」、30~50歳代は身体目当てなので「絶対にダメ」だと熱弁。

さらに「合言葉 買ってじゃなくて 買えないの」と一句。「モノを買って」はご法度、「勝手にバッグにお金が入っているといいなあ」と呟いて目をつぶっている間に、パパにお小遣いを入れてもらうという。

前述の「壊れやすい家電」で得たお小遣いは、「壊れたと思った家電が、なぜか使える」ため、貯金していると明かした。

 

■パパの本音は…

番組ではまろかのパパ活相手も電話で登場。おねだりを「可愛い嘘」と捉え、お小遣いを渡していると語る。

「グラビア(アイドル)ですから、男を惑わすのが仕事。私もフラッときている」と女性として見ていることが明らかに。さらに、「隙を見せて『(体を許しても)いいよ』となれば、そちらになだれ込みますか?」と問われ「もちろん」と元気に答える。

驚くまろかに、将来は「もっと賢い女になってほしい」と苦言を呈し、スタジオを盛り上げた。

 

■視聴者からは賛否

女性側と男性側では、感覚が違うようにも見受けられたパパ活。いろいろな面で驚いた視聴者からは賛否が寄せられた。

 

■約半数が「既婚男性と2人で食事に行かない」

しらべぇ編集部で全国20〜60代の女性687名を対象に調査したところ、48.3%が「既婚男性とふたりきりで食事に行かない」と回答した。

sirabee0209ookiakiko002

不倫に厳しい昨今、既婚の相手と2人きりで食事に行くのは、相手の家庭に余計な波風を立てるかもしれない。やましいことがないとしても避けるべきだろう。

男女の関係がないはずのパパ活であっても、2人きりの食事やデートを見れば、そういう関係かと勘繰られることもある。「パパ活に興味を持った」としても、後で大きな問題になる可能性を忘れてはならない。

・合わせて読みたい→1か月で50万円稼ぐパパ活女子が『ねほぱほ』で話題 その実態に「恐ろしい…」の声

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年1月20日~2017年1月22日
対象:全国20代~60代の女性687名

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu