しらべぇ

2017年の不祥事を「笑い」で研究! 『ビートたけしのオワラボ』に期待の声

今年も『ビートたけしのオワラボ』が12月29日23時から放送されるぞ!

エンタメ

不倫や薬物、暴行事件など2017年も芸能界は激震続き、連日ワイドショーで不祥事が報道されてきた。

そんな2017年のスキャンダルを総括すべく、ビートたけし(70)と加藤浩次(48)が立ちあがる。本日12月29日23時放送『ビートたけしのオワラボ』(フジテレビ系)で、今年のワイドショーネタを「笑い」で締め括ったのだ。

(画像提供(C)フジテレビ)

 

■年末の風物詩

昨年末に放送され、お笑いファンを中心に人気を博した同番組が、今年も帰ってきた。

世の中を騒がせた「数々のワイドショーネタ」を遠慮なくネタに出来る男・たけし所長が「お笑い研究機関・オワラボ」を開設。副所長の加藤、研究員のおぎやはぎやサンドウィッチマンと共に、2017年の不祥事をさまざまな形の「笑い」に昇華する。

たけしと加藤は「有名人の不倫」や「お騒がせ有名人」をテーマに講義。おぎやはぎとナイツは、芸能人の「絶対にバレない不倫デート」と「絶対怒られない不倫デート」をプレゼン。

サンドウィッチマンとナイツは「THE HANZAI」、今年起こった不祥事をオリジナル漫才で振り返る。さらに、岸本加世子(56)がたけしと夫婦役で出演し、ドラマ仕立てで「不倫講座」を熱演。

食傷気味の不祥事を、個性あふれる「笑い」で吹き飛ばせそうだ。

 

■昨年末も話題

同番組の評価は高い。昨年末の放送後には、「面白かった」と感想を述べる視聴者が続出。

本年の放送決定後も、すでに期待の声が溢れている。

また、朝の情報番組で長年司会を務め、近年はキレのあるコメントが高評価の加藤の活躍にも、今年は目が離せそうもない。

 

■約3割が「芸能人のスキャンダルに興味あり」

しらべぇ編集部で、全国20~60代の男女1,328名を対象に調査したところ、全体の32.4%が「芸能人のスキャンダルに興味がある」と判明した。特に女性は4割以上が興味を持っている。

スキャンダルに興味ありグラフ

スキャンダル続きだった2017年の芸能界。今年の「膿み」は今年の内に、たけしが「笑い」で解消する。これで2018年をスッキリと新たな気持ちで迎えられそうだ。

・合わせて読みたい→ゲス川谷は来年消える? 尼神インター・渚、「もう響かへん」とバッサリ

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年11月17日~2017年11月20日
対象:全国20代~60代の男女1,328名 (有効回答数)

この記事の画像(1枚)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu