しらべぇ

丸山ゴンザレスが「九州裏社会」取材で学んだ人脈の重要性と活かし方

ジャーナリスト・丸山ゴンザレスが九州の裏社会を取材したときに学んだ「人脈」の真実。

コラム

丸山ゴンザレス

出版社に勤務して、アフターファイブには取材を重ねる。副業であるはずのフリーライター業の方が軌道に乗ってくると、本業であった出版社の仕事にひと区切りつけたいと思うようになっていった。

 

■人脈の使い方と協力者のケア

副業と本業で人脈もできあがっていて、「これなら俺一人でもなんとかやっていけるんじゃないかな?」と、会社を辞める方向に考えが向いていった。

そして、副業が本業を圧迫したタイミングで、いよいよ退職願を出す決意を固めた。 じつはその頃、いくつか魅力的な取材ネタが集まりだしていたのだ。そのこともあって、会社を辞めることに躊躇はなかった。

 

■九州裏社会取材への道

どんな取材をしようとしていたのかといえば、九州のヤクザだった。 この取材は、期待感が大きかった分、かなりの困難が伴った。取材しようと思った時、これまで歌舞伎町で「俺、ヤクザに人脈がある」と嘯(うそぶ)いていた人に、「お願いします!」と頼んでみた。

なにせ、いつも「俺はさ~」と言って、私よりも高い位置から話していたのだから、悪意なく頼ろうと思った。ところが、いざ本当に取材しに行くと相談したとたんに「いや、もう昔の話だから……」などと言いよどんで、あからさまに退いていった。

(どうしよう……) 途方にくれた時、九州に住んでいる友達のことを思い出した。実際に連絡を入れたら、「任せて!」とふたつ返事で引き受けてくれたうえに、本当にどんどん現地の方と繋げていってくれた。

彼らが無理をきいてくれたのは、どんな理由があったのか。別に特別なことをしていた記憶はない。むしろ、非常に基本的なことを重ねていただけだと思う。

以前に九州に行った時に知り合って、その後、彼らが東京に来た際に一緒に飲み、その後も連絡はきちんと返すといった基本的な交流は続けていた。それが功を奏したのだと思う。

 

■幹部から直接電話が

丸山ゴンザレス

さて、取材が動いたのは突然のことだった。 幹部クラスの方から、私の携帯に「●●ってモンだけど……」と電話が掛かってきたのだ。

驚いて、電話を落としそうになったが、おかげでその方から本部の方にも繋がって……かなり深いところまで取材に行けることになった。

この取材はフリーランスになった私にとって胸を張って成功した取材といえるだろう。ここまで上手くいったのは、アフターファイブの時間を使って身につけていった自己流ジャーナリストスキルだと思う。

もう少し汎用的に言い換えると「仲良くなった人の意地&管理」ならわかりやすいだろうか。人脈を作るだけではなくて、どう使うのかは大事である。

しかし、使うだけではなく、ケアして維持していかなければ、いざ、使いたい時に相手にされないなんてことも起きるだろう。別に特別なことをする必要はない。面倒臭がらないで、社会人として最低限の礼儀と相手への敬意を持っておきたい。

ちょっと堅苦しくなったが、様々な取材スキルがここで相当鍛えられ、ノウハウとして確信に至ったものも多かったと思っている。 それにしても、九州男児の男気を見せつけられた思いだった。

 

■九州のヤクザ社会の特異な現実を目の当たりに

うまくいった九州ヤクザの取材だが、その過程は肝を冷やす場面が多かった。本部事務所に行ったときは本当にすごかった。

黒スーツの人たちが玄関から会議室までズラリと並んで、私が歩くとパッパパッパと順々に頭を下げていくのだ。 (さすがに地方の実力ある武闘派ヤクザだな) ビビりながらも、インタビューを重ねていく。

熱が入ってくると当初のビビリ気分もどこかへ吹っ飛んでしまった。とにかく、核心に迫る言葉を引き出そうと、あの手この手で迫っていく。 濃密な時間が過ぎ去って、残ったのは達成感だった。

「駅まで送りましょうか?」 幹部の方から申し出があったが、レンタカーで近くまできていたこともあったので、丁重にお断りした。

 

■突如パトカーが登場

「ありがとうございました」 そう言って、事務所を出て、ちょっと離れた駐車場へと……思っていたところ、パトカーが突然現れた。

「あんたら、どこから来たの?」 車内から声をかけてきた警官の話によると、どうやら本部事務所に出入りしている人を全員チェックしているらしかった。

大手メディアの取材の時は、やり取りなどを警察がチェックしているから事前に誰が来るのかがわかる。そんな中まったく知らない男が入ってきたもので、警察の方がびっくりしてしまったようだ。

「そちらが把握しているメディアってどこですか?」 いくら驚いたとて、こちらは同業者が取材に来ているほうが気になったので、その場では強気で迫った。

すると、警察の方も失言をしたと思ったのだろう。 「いや、別に……」と言い淀む。 そんな状況にありながら、 (使いようによっては警察をも出し抜くことができるのが人脈の力なんだな) と、身を持って学んだ喜びに打ち震えていた。

そして、自分の中に新たなスキルが生まれたような気がしていた。

 

■トラブルから学んだ人脈のうまい使い方

こうしてヘヴィな取材でお腹いっぱいになったが、それでも経験に伴って大きな気づきと学びがあった。

それは、情報をくれたり人を紹介してくれたりした人への、その後のケアに関してだった。 別に裏社会のようなシビアな分野だからというのではなく、もっと柔らかいジャンルであっても共通していると思う。

というのも、私は今、自分の取材や『クレイジージャーニー』(TBS系)のカメラが同行したりして、世界各地に取材に行く。

そうすると、「どうやって取材先を決めているんですか」「情報はどうやって集めているんですか」など、そんなことを聞かれる。

「各地に知り合いや、友だちがいる」 質問に対しては、このようにいろんな人を頼ったり紹介してもらったりして対処していると答えるのだ。

行く先々でお世話になった人たちがいると言うと、「そういう人たちとは、その後どうなっているんだ?」と、疑問に思う人もいるだろう。

 

■人脈はケアも重要

あんまりおもしろくないかもしれないが、その方たちとはだいたい今でも連絡をとっていて、私がその国や近隣の国に行ったり、その人が日本に来たりすると、できるだけ会うようにしている。

そうやって関係性を維持しているのだ。 自分が抱える人脈が多くなっていくに従って、集まる情報も多くなっていく。自分独自の視点を作る助けとなっているのだ。

いかに人脈を作り、維持して、活用することが重要なのか、それがわかっていただければ幸いである。

・合わせて読みたい→隠しカメラで歌舞伎町に潜入 丸山ゴンザレスがジャーナリストを名乗るまで

(文/丸山ゴンザレス

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu