「子作り日本一」のパンダが和歌山県に 15頭の父と8頭を産んだ母がスゴすぎる

和歌山県白浜の『アドベンチャーワールド』には、多くの子供をなした立役者パンダがいる。

パンダ

昨年6月に誕生した上野動物園のジャイアントパンダ「シャンシャン」が、人気だ。12月から公開が始まったが、観覧が事前申込制かつ抽選のため、実際に目で見た人はかなり限られるだろう。

シャンシャンの両親は、ともに中国の臥龍保護センターで生まれたシンシン(雄)とリーリー(雌)。このペアからは、2012年にも雄の赤ちゃんが誕生しているが、わずか6日の命だった。


 

■15頭もの父、「子作り名人」が和歌山に

パンダ

現在、日本でもっとも多くのパンダを飼育しているのは、上野動物園ではない。和歌山県白浜にある動物園『アドベンチャーワールド』だ。

そこで、これまで2頭の雌との間に、じつに15頭もの子供をつくっている父親が、永明だ。


関連記事:パンダ見るなら上野より和歌山へ 東京から1時間半で「1歳の子パンダ」も目の前に

 

■北京生まれで白浜へ

パンダ

1992年9月に北京動物園で生まれた永明は、2歳の誕生日直前にアドベンチャーワールドに来園。、

2001年に梅梅(メイメイ)との間に雄浜が生まれたのを皮切りに、2016年の結浜(母は梅梅の娘の良浜(らうひん))まで、誕生した赤ちゃんの数は15頭にのぼる。

次ページ
■パンダの平均寿命は2〜30年

この記事の画像(27枚)


あなたにオススメ