タモリと鶴瓶が「一富士・二鷹・三茄子」のルーツを探る 『いいとも』を連想する人も

『ブラタモリ』と『鶴瓶の家族に乾杯』が2018年もコラボ。

富士山
(Rat0007/iStock/Thinkstock)

2日に放送された『ブラタモリ×鶴瓶の家族に乾杯 初夢スペシャル』(NHK)では、静岡県の三保半島で、タモリと笑福亭鶴瓶が「一富士・二鷹・三茄子」のルーツを辿った。

番組冒頭では、鶴瓶が音声トラブルに見舞われ遅刻する事態に。遅れて登場した鶴瓶に、タモリも「遅れてすみませんとかいう挨拶をするべきだ」と言い放ち、開始早々に番組スタッフの笑いを誘った。



 

■「一富士・二鷹・三茄子」のルーツとは

初夢にみると良いとされる一富士・二鷹・三茄子は徳川家康が大好きだったもので、これらは江戸時代に大流行した縁起物であったという。

また、「一富士」のイメージとなっている、日本一の霊山・富士山の手前にある三保半島という景観は、平安時代の人々には真の極楽浄土として見えていた。

「二鷹」も、元々は鷹のことを言っていたのではなく「足高山」のことを表しており、「三茄子」も、茄子が江戸時代に家康への献上品であったことから、貴重なものとされ縁起物になったいう。


関連記事:ぺこぱ松陰寺、正月休みが終わった人々へ一言 「悪くないだろう」と共感

 

■まるで『笑っていいとも!』?

『ブラタモリ』と『鶴瓶の家族に乾杯』がコラボするのは今回で3度目。また、タモリと鶴瓶はかつて『笑っていいとも!』(フジテレビ系)でも、MCとレギュラー出演者として共演していた。

このことを受けて、視聴者からは、2人の組み合わせに『笑っていいとも!』を連想する声が上がっている。


■「お笑いBIG3」の人気は三分

しらべぇ編集部は、全国20代〜60代の男女1,351名に対して「お笑いBIG3で一番いなくなってほしくない人」について調査。

結果は、1位の明石家さんまに次いでタモリが2位、ビートたけしが3位となった。37.8%のさんまは昨今バラエティに多く出演しているため、若い世代からも多くの支持が得られているのかもしれない。

しかし、長年にわたって様々な番組でMCを務める3人は、もはやどの番組にも欠かせない存在だ。

今回の番組の放送では、タモリと鶴瓶のコラボが1年ぶりに実現し多くの視聴者が注目した。今後も、再び2人のタッグが見られることに期待したい。

・合わせて読みたい→巨匠・堺正章がタモリに説教 「面白さがわからない」「九州に帰れ」

(文/しらべぇ編集部・綿 つゆ子

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年9月23日~2016年9月26日
対象:全国20代~60代の男女1,351名(有効回答数)

この記事の画像(2枚)