『妙高山』の名を冠して熟練の職人が追い求める 気品あるしなやかさと雅な趣きのある酒

越後富士とも称される妙高山を酒銘にいだく妙高酒造。世界を見据えた地道な取り組みに迫る。

 

①『純米大吟醸 妙高山』

妙高山

やや抑えめながら上品な吟醸香、口に含めば磨かれた旨味が広がり、やがてスッと消えて無くなる後味。食事にも良く合う純米大吟醸酒。外国向けも含め、最近では一番の人気となっている。


 

②『純米 越乃雪月花』

妙高山

会員酒販店のみの限定流通ブランド『越乃雪月花』の主力商品。たおやかな麹の香りと共に、上品で奥深い旨味が溶け込んでいく。


③『シャトー妙高』

妙高山

テーブルに映えるドンペリ風のボトルに詰められた、すっきり柔らかな口当たりで、洋食によく合う新感覚の日本酒。ワイングラスでどうぞ。

・合わせて読みたい→名産地・岩船の酒米と「不二の井戸」の軟水で二つとない酒を醸す「地酒の中の地酒」とは

(取材・文/伝農浩子

この記事の画像(13枚)

あなたにオススメ