しらべぇ

SNSのアカウントを消し逃亡 再婚経験者に多い理由に納得

若者にとって、垢消し逃亡は日常茶飯事のことのよう。

人間関係

SNSアカウント削除

(©ぱくたそ)

TwitterやInstagramなど、SNSはもはや日常に溶け込んでいる。そんな分身ともいえるSNSアカウントを削除するのは、どのようなときなのだろうか。

しらべぇ編集部では、全国20〜60代のSNSを利用したことがある男女824名に「SNSのアカウントを消したことがある」かの調査を実施。

その結果「ある」と答えた人は、全体で28.9%だった。

 

■若者はアカウントを消しまくる

性年代別で見ると、男女ともに20代が一番多くなっている。

SNSアカウント削除性年代別グラフ

デジタルネイティブ世代には、SNSも手軽な存在のようだ。

「今まで10個くらいTwitterのアカウントを作ったけど、ほとんど飽きて消してしまった」(20代・男性)

 

「インスタは昔ちょっとやってたけど、周囲にやっている人がいないためにハマらず。ブームになってから再開しようと思ったけど、そのアカウントは中途半端なので新しく作り直した」(20代・女性)

 

■芸能人の批判でファンから反論

20代から40代では、女性のほうが多いのも印象的である。インスタブームを支えているのも女性だが、SNS内でトラブルが起きることも多いようだ。

「ものすごく身近な人たちとだけ交流していたアカウントが、あまり好きではない人に見つかってしまった。過去のツイートには変なことも書いているから、みんなで消して逃亡した」(20代・女性)

 

SNSは不特定多数が見ていることを、忘れてはいけない。

「炎上とまではいかないけど、ある芸能人の批判を書いたらファンの人から反論が来た。しかもその人はしつこくて、ブロックしても別のアカウントでさらに反論が来る状態に。

 

面倒なので、消すことにした。新しいアカウントでは、十分に気をつけるようにしている」(30代・女性)

 

■離婚経験者はアカウント削除ありが多数

再婚経験のある人は、半数以上がアカウント削除の経験がある。

SNSアカウント削除傾向別グラフ

離婚を経験し、今までの関係をリセットしたかったのかもしれない。

「彼氏と別れたときに、Twitterのアカウントを消した。元カレ関係のフォロワーも多かったし、なによりも新しいスタートを切りたかったので」(20代・女性)

 

今日もたくさんのSNSアカウントが生まれ、それて消えているのだろう。

・合わせて読みたい→若い世代に増加中! GoogleよりSNSで検索する人たち

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年11月17日~2017年11月20日
対象:全国20代~60代のSNSを利用したことがある男女824名 (有効回答数)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu