山形なまりアイドル・佐藤唯が「じつはパリピ」と告白 渋谷の泡パでイタリア人と…

『有吉反省会』で、純朴な山形弁で人気を博した佐藤唯が「実はパリピだった」と告白!

強烈な山形弁なまり、純朴なキャラクターで「ナマドル」として活躍する佐藤唯(31)が、6日深夜放送『有吉反省会』(日本テレビ系)に登場。

そのキャラクターとは真逆の「パリピ(パーティーピープル)だった」ことを告白し、視聴者に衝撃が走っている。

(画像は佐藤唯Instagramからのスクリーンショット)

 

■「純粋なエロい人」に納得

朝の情報バラエティ番組『にじいろジーン』(フジテレビ系)で、7年間、農家の方と触れ合う人気コーナー「じいちゃん! ばあちゃん! 唯が行ぐがらな〜」で活躍するなど、純朴な「田舎者丸出し」キャラで愛された佐藤。

しかし私生活では、暇さえあればチャラい恰好で海外のクラブパーティーに参加。「お酒飲んでイェーイって感じで踊る」と語った佐藤に、司会の有吉弘行(43)も「イメージがない」と驚きを隠せない。

周囲から「純粋なエロい人」と評され「おっしゃる通り」と頷く佐藤。その姿に、番組屈指のチャラ男・アレクサンダー(35)も「ワンナイトラブにちょうどイイ、一番イイ」と太鼓判を押した。

■渋谷の泡パーティーで…

『にじいろジーン』出演時期に「イタリア人との交際経験があった」ことも告白。出会いは「渋谷の泡パーティー」と明かし、スタジオをざわつかせる。

「バラエティの時は3割増し」の山形弁に、「同時期に世に出た」博多大吉(46)は、「方言がおもしろすぎて手も足も出なかった。でもこんな純朴な子に勝てるわけないと思っていたのに、渋谷の泡パーティーだと!」と裏切られた怒りを露わにした。

次ページ
■視聴者も「残念」

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ