仕事ができる人は返信が早い? メール対応を後回しにしない方法とは

返信のレスポンスひとつで、評価が大きく変わってしまうことも。

ビジネス

2018/01/08 18:30

返信が早い
(©ぱくたそ)

仕事のやり取りでは、まだまだメールを利用することが多いだろう。すぐに対応ができないのはわかるが、あまりに遅いと返信を待つ側には不満が募る。

しらべぇ編集部では、全国20〜60代有職者の男女661名に、「仕事ができる人は返信が早いと思う」かの調査を実施。

全体では、55.5%もの人が「思う」と答えている。仕事ができる人は何事にも、スピード感があるのだろう。


 

■「暇そうな人ほど返信が遅い」の声も

性年代別では、どの年代も女性のほうが多い。

返信が早い性年代別グラフ

女性自身にマメな人が多いので、レスポンスの早さはよくチェックしている。

「仕事ができて忙しそうな人からはすぐに返信があるのに、それほど仕事を抱えていないような人が遅い。たまに無視されるときもあるし、なにを考えているんだか…」(30代・女性)


1日にたくさんのメールが来るので、すぐ対応するなんて無理との意見もあるだろう。

「すぐに返信はできないにしても、数日寝かせる意味がわからない」(20代・女性)


 

■一言だけでもいいので早く返して欲しい

返信が遅い人にも、「自分には決定権がないので、上司から承認を得るまで返事ができない」など、言い分はある。しかし、待たされている側には、そのような背景はわからない。

「『検討して、再度ご連絡します』だけでもいい。返事がないのが、一番不安」(30代・男性)


完全に情報が整ってからじゃないと、返してはいけないと思っている人がいるが、相手はその間、どのように話が進んでいるかわからない。よって、不安になるのだ。


■メールチェックをスケジュールに組み込む

「仕事ができる人は、返信が早い」との言葉は、さまざまなシーンで聞いているはずだ。それなのにどうして、先延ばしにする人がいるのか。

「大量のメールを処理するのは、とても時間がかかる。他の仕事との兼ね合いを考えると、どうしても優先順位が下がってしまう」(30代・男性)


緊急性が低いと、判断してしまうのだろう。そんな人はあらかじめ、メールをチェックする時間を決めておくと、返信の遅れが防げる。

「毎日、午前と午後に、メールチェックのスケジュールを入れている。こうすれば返信の遅延もしないし、それ以外の時間は他の業務に集中ができるから」(40代・男性)


早くレスポンスをするだけで好印象が与えられるならば、やらない手はないだろう。

・合わせて読みたい→メールは見落として当然?ゆとり世代仰天エピソード

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年11月17日~2017年11月20日
対象:全国20代~60代有職者の男女661名 (有効回答数)

この記事の画像(2枚)

あなたにオススメ