癒し系グラドル・小日向結衣 衣装は「布の薄さ」より「面積の小ささ」で勝負

家庭教師になってイケない恋に没頭? 体当たりで挑んだ演技は要注目!

癒し系グラドルとして注目の小日向結衣が3枚目となるDVD『失楽園』(グラヴィス)をリリース。7日、東京・秋葉原で行われた発売記念イベントに、しらべぇ編集部も取材に訪れた。


 

■家庭教師になって教え子を誘惑?

3枚目となる今作は、これまで発売された2作の中から厳選されたシーンを選び、さらに新たな映像を加えて作られた作品。しかもブルーレイも同時発売ということで、ファンにとっては嬉しいだろう。

DVDのタイトルが『失楽園』ということで、男女の危ない関係を想像する人も多いと思うが、どのような内容なのか聞いてみると、

「私が家庭教師に扮して、教え子と恋に落ちてしまいます。かなりドロドロしていますよ。これまで私が年上の設定をやったことがなかったので、大人の役を演じるのが大変でした。まず恥じらいを捨てないとダメだと思って、かなり捨て身で演技に挑みました」と明かした。


 

■一番セクシーなのはベージュのハイレグ水着

体当たりでセクシーを披露してくれた小日向だが、その中でも一番のセクシーシーンについて聞いてみると、

「ジャケットにもなっていますベージュのハイレグ水着のシーンは自分の中で一番セクシー。このシーンは単純に私がセクシーでキレイに撮れていると思ったので、演技とか抜きにして、自分が今持っているセクシーを全部出せていると思います」と喜んだ。

次ページ
■見えちゃいけない部分が映っているかも

この記事の画像(6枚)

あなたにオススメ