食米作りをやめて酒米『一本〆』を自社栽培 優しい食中酒は地元の名物も引き立てる

恩田社長は、東京農大で学んだ「蔵元杜氏」のはしりでもある。

 

① 『舞鶴 鼓 <鶴と油揚げ>』

アルコール度数15%、精米歩合68%。栃尾の油揚げに合うように設計で造られた。比較的甘口な同社のお酒の中にあって、油揚げの油分を流してくれるように、やや辛口のお酒になっている。


関連記事:若手蔵元が集結する熱い試飲会で出会った「日本酒の未来」4選

 

② 『舞鶴 鼓 純米大吟醸』

恩田酒造

アルコール度数18%、自社栽培の一本〆を40%まで磨いて、きれいに仕上げた、甘く、ふくらみのある酒。


③『純米酒 鼓 <88>』

恩田酒造

アルコール度数18%、精米歩合88%のほとんど磨かない酒。88%という数字は米の字、八八から来ている。自社栽培している一本〆を使用し、米本来の味がある。

最近は、吟醸系より人気という。おすすめの飲み方はぬる燗。

・合わせて読みたい→こじるり、のどごしを持って今会いに行きたい人物とは? 「お酒に詳しくて今話題の…」

(取材・文/伝農浩子

この記事の画像(8枚)


あなたにオススメ