しらべぇ

SNSの過去投稿も時間が経てば黒歴史に…恋愛体質が陥る現象とは

便利なSNSだが、時間が経てば恥ずかしい投稿に大変身。

ライフ

過去のSNS

(©ぱくたそ)

SNSはもはや、日常生活に欠かせない存在という人も多いだろう。しかし、文字や画像、動画は、時間が経つと黒歴史化してしまうことも。

しらべぇ編集部では、全国20〜60代のSNSを利用している男女677名に「過去の投稿について」の調査を実施。

「過去の自分のSNSを見返して、恥ずかしくなった経験がある」と回答をした人は、全体で34.4%。一定数が過去の投稿で、頬を染めているのだ。

 

■若い女性のSNSは黒歴史の宝庫

性年代別では、20代から30代の女性が圧倒的に多くなっている。

過去のSNS性年代別グラフ

SNSを最大限に活用している層なので、過去の投稿に黒歴史が含まれていても不思議ではない。

「思ったことを、なんでもツイートしていた。かなり病んでいた時期なんて、かまってちゃんな内容ばかり。恥ずかしくて、アカウントごと消してしまった」(20代・女性)

 

さらには、賛否が大きく分かれるポエム系の投稿にも、自分の恥ずかしい過去があるという。

「ポエム系は大嫌いですが、若い頃は自分も書いていたのは秘密」(30代・女性)

 

■意識高い系の投稿

男性からは、意識高い系の投稿が挙がった。

「自己啓発系の投稿を、頻繁にしていた時期がある。ほとんど本からの受け売りだし、今はゆるい感じのイメージがついているから、知り合いが見たらびっくりすると思う」(30代・男性)

 

それだけ自分を成長させようとしていたのだろうが、文字で残るとなんとも言えない気分になるのだろう。

 

■そのときの恋愛がSNSに反映される

恋愛体質の人は、半数以上が過去のSNSを見返して恥ずかしくなっている。

過去のSNS傾向別グラフ

自分の恋愛事情もおおっぴらに投稿してしまうために、悲劇が起きるようだ。

「元カレとの画像をインスタにいっぱいアップしていたので、必死で全部消した。

 

そうしたら、その時期の投稿がほとんどなくなって。本当に彼のことしか考えてなかったんだなと思った」(20代・女性)

 

カップル共有アカウントが、一時、話題になった。Twitterで「別れました」で検索をすると、悲惨な末路が続々と登場する。誰も別れることを考えて付き合っていないので、仕方がない。

紙に書いた日記でさえ、後で読み返すと恥ずかしいもの。それが不特定多数に見られる状態なのだから、さらに気恥ずかしいのだろう。

・合わせて読みたい→こんな人いるいる!「SNSのウザすぎる投稿」ランキング

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年12月15日~2017年12月18日
対象:全国20代~60代のSNSを利用している男女677名(有効回答数)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu