「月3で一人焼肉」 乃木坂46・齋藤飛鳥、5ヶ月密着で見せた素顔に反響

『セブンルール』で乃木坂46・齋藤飛鳥に密着した結果…

エンタメ

2018/01/10 07:00

アイドルシーンを席巻する人気グループ・乃木坂46の新エースと呼ばれる齋藤飛鳥(19)が、9日放送『セブンルール』(フジテレビ系)に登場。5ヶ月間に及ぶ密着風景から覗いた素顔に、視聴者から大きな反響が起きている。

(画像は『セブンルール』公式Twitterからのスクリーンショット)

 

■マイナス思考のアイドル

2万人が訪れる握手会で斎藤のレーンは長蛇の列。しかし、「根っからのアイドルではない」斎藤は、ファンからのリクエストに応えない。「私がファンだったら絶対並ばない」と語り、アイドルの苦悩と「ファンに『カワイイ』ことはしない」ルールを明かす。

小学6年生で引きこもりがちになった、何事にもマイナス思考の斎藤。13歳で期待のメンバーとして注目されたが、日の目を見ない日々が続く。

「あまり期待しない」ことを自分に言い聞かせながら活動した斎藤は、その後、頭角を現し、モデルやアイドルとして人気を獲得していった。


関連記事:生駒里奈がインスタ開設 フォローしてる人が「乃木坂感」満載で話題に

 

■乃木坂46で輝く

斎藤の7つのルールが次々に明かされる。体重を預けるのが好きで「壁に寄りかかる」、読書好きで「ハッピーエンドの本は読まない」、1年前に一人暮らしを始めて「毎朝、母とLINEする」。

さらに元気の源は「月に3回は一人焼肉」を楽しむこと。「肉をちゃんと食べたいので、仮にメンバーと行くなら焼肉以外がいい」と、かなりの肉好きを告白。

最後に「初めて見つけた自分の居場所」である「乃木坂46で輝く」決意を口にし、密着は幕を閉じた。

次ページ
■「一人焼肉」に驚愕

この記事の画像(1枚)