HカップグラドルRaMuが自分なりのマリンルックを主張 「浜辺でも網タイツ!」

デート気分を味わえる作品をリリース。久々のコスプレも披露

巨乳グラビアアイドルのRaMu(20)がイメージDVD『Ramu/ラムネード』(アイドルワンレーベル)をリリース。8日、東京・秋葉原で販売記念イベントを開催。しらべぇ編集部が突撃した。

 

■夕日の撮影は美麗さと反してドタバタ

6作品目の今作は去年10月にカンボジアで撮影。素に近いが少し乙女なRaMuと恋人気分を味わえる作品だという。爬虫類好きのRaMu的には、「カンボジアで出会えた爬虫類はヤモリだけでした」と残念そう。

だがロケーションとしては夕日がとっても綺麗だったそう。清楚なファッションで撮影に臨んだが、すぐに夕日が落ちてしまうため、現場はバタバタ。

反面、とても静かで綺麗な映像を作れたようだ。カンボジアに対しては「とても住みやすそう。タイに似てる」との印象を語る場面も。

 

■久々のコスプレはSFちっくな銀髪キャラ

ラムちゃんのコスプレ以来、久々のコスプレを披露。銀髪のウィッグをかぶり、SFな世界観を持つオリジナルキャラに扮したという。「背景が退廃的です!」と興奮気味だ。

別の衣装で、踊りながらシャワーのシーンもある。そこでハプニング発生。滑って転んで左足を痛めてしまったのだとか。

「この撮影裏話を頭に入れながら観てほしい」と笑うRaMu。転んでもタダでは起きない心構えである。

次ページ
■今日の衣装は自分なりのマリンルック

この記事の画像(11枚)

あなたにオススメ