想像以上に難解? 『anone』世界観に衝撃も「坂元作品にハズレなし」

『カルテット』坂元裕二脚本のドラマ『anone』の第1話が放送。難解な世界観も、引き込まれる人が続出している。

anone/広瀬すず
『anone』

広瀬すず主演、坂元裕二脚本のドラマ『anone』(日本テレビ系)が10日、放送開始した。

『カルテット』(TBS系)で人気を不動のものにした坂元が描く独特の世界に、ネット上ではさまざまな反響が確認できる。

 

■天涯孤独な少女「ハズレ」

「ハズレ」こと辻沢ハリカ(広瀬)は特殊清掃のアルバイトをしながらネットカフェに寝泊まりしている少女。同年代の美空(北村優衣)と有紗(碓井玲菜)と過ごしていた。

ハリカの楽しみはカノンさん(清水尋也)との会話。彼はスマホのチャットゲームの中で出会った人物で、現在闘病中らしい。

そんなある日、有紗が思わぬことを言い出す。友人とのドライブ中に札束の入ったバッグが捨てられているのを見たというのだ。

3人が目指すことになった「柘(つげ)」という町は、かつてハリカが祖母(倍賞美津子)と暮らした幸せな記憶のある町と同じ名前だった。

だが大金を目の当たりにすると美空の様子が一変。スタンガンで有紗を攻撃すると、バッグを持って逃げようとする。

 

■「柘」で運命が交錯

一方、医者から半年の余命宣告を受けて店を畳もうとしていたカレー屋店主・持本舵(阿部サダヲ)は、風変わりな客・青羽るい子(小林聡美)と意気投合。二人で死に場所を探す旅に出る。

カレー屋のワゴンで二人が流れ着いたのは同じく「柘」という町。そこで大量の1万円札を捨てた張本人である林田亜乃音(田中裕子)と、バッグを巡って追いかけあいするハリカたちと出会うことに。

次ページ
■幼い日の記憶はすべて間違い

あなたにオススメ