水に恵まれた地であえて水と米にこだわる 『菅名岳』八代目蔵元の挑戦

新潟県五泉市にある近藤酒造は、水と自社での酒米づくりにこだわる蔵元だ。

 

②『純米吟醸 鹿六』

近藤酒造

料理の祖神と言われる磐鹿六雁命(いわかむつかりのみこと)から由来するという鹿六。コミック 『美味しんぼ』第4巻でフランス料理、とくに、ワインでも合わせるのがむずかしいエスカルゴに合う酒として紹介されている。

原作者の雁屋哲氏は、「軽やかなさわやかさを感じる酒」と評したという。


 

③『本醸造 菅名岳』

近藤酒造

60%精米した五百万石と、どっぱら清水の水を使用。山の水だけに山菜によく合う。五百万石を60%精米。普段飲みにぴったりの飲み飽きしない酒だ。

・合わせて読みたい→『夏子の酒』の舞台 幻の酒米「亀の尾」を復活させ日本酒の未来を見つめる久須美酒造

(取材・文/伝農浩子

この記事の画像(8枚)

あなたにオススメ