しらべぇ

『ワイドナショー』、浜田雅功の黒塗りメイクを議論 もふくちゃんの意見に批判の声も

『絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時』で物議を醸した黒塗りメイクについて松本人志がコメント

エンタメ

14日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、松本人志が昨年大晦日に放送され、一部から批判を受けている『絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時』(日本テレビ系)の黒塗りメイクについてコメントした。

 

■松本人志が批判についてコメント

松本は批判について、

「言いたいことはあるんですけど面倒くさい。『浜田が悪い』でいい。あいつ干しましょう。国外追放」

 

とコメント。東野が

「浜田さんもやらされてるんですから、どっちいうたら。更衣室行ったらコレがあったから」

 

とフォローする。それに対し松本は、

「でも断らなかったあいつが悪いということでどうでしょう」

 

と発言。「浜田が悪い」という結論にした。

 

 

■安藤優子、もふくちゃんは番組に苦言

この件についてはネット上で議論になっているが、スタジオでも意見が分かれることに。ヒロミは「なんとも思わなかった。浜ちゃんを笑っただけ」としたが、ゲストの安藤優子は

「エディ・マーフィに扮してそれを笑いのネタにしたことが人種差別になる」

 

とコメント。また、音楽プロデューサーのもふくちゃんは、

「黒塗りっていうことが記号的に世界的にダメなこととされているっていうのが前提であって、歴史的にも。

 

昔までは日本国内で笑っていてよかったけど、最近日本がある意味国際的になって、世界中の人たちがそういういうものを見てる。色々な目が増えた。

 

テレビ業界の人たちは今日本が色んなところから見られてる、国際的な立場になってるということをちゃんと目配せした番組作りが必要」

 

と、番組制作サイドに苦言を呈した。

 

■今後黒塗りはアウト?

松本このような意見について、

「今後どうするのかなって。モノマネとかバラエティで、黒塗りは『なし』で行くんですね? はっきりルールブックを設けてほしい」

 

と発言。これについてもふくちゃんは、

「黒塗りはアウトだと思います。渡辺直美さんとか色々モノマネしてるけど、黒塗りしてないから世界で受け入れられている。塗らないやり方でのモノマネはいくらでもある」

 

と断言。松本は、「やって」と少々不満そうな声をあげた後、

「黒塗りしてモノマネした人が今後出てきて叩かれなかったら、浜田差別になる」

 

と相方を思いやるコメント。本当は「浜田が悪い」とは思っていないようだ。

 

 

■もふくちゃんが「世界基準の番組作り」を提言

もふくちゃんはバラエティ番組のあり方について、

「世界で見ても全員が笑えるものにならないといけないというふうになってきちゃったんだと思う。良いか悪いか別として」

 

と発言。今後、バラエティ番組は「世界の目を意識すべきだ」という考えを示す。それに対し、安藤優子は「それは番組が面白くなくなる気がする」と苦言を呈し、松本は「それは悪いしかないよ」とコメントした。

 

■ネット民の反応も様々

番組内で繰り広げられた議論に、ネットの反応も様々。

 

■もふくちゃんには批判の声も

「黒塗りはアウト」と断言し、「世界の人にも受け入れられる番組作りを」と提言したもふくちゃんについては批判的な声も存在。また、「渡辺直美も黒塗りモノマネをしている」という指摘もあった。

 

■テレビ番組は「昔のほうが面白い」?

もふくちゃんの持論については意見が分かれるところだが、バラエティ番組が様々な批判の声を受け、昔のような攻めた内容を放送できなくなっているのは、紛れもない事実だろう。

ちなみに、しらべぇ編集部が全国の20〜60代男女1,352名に実施したテレビ番組に関する意識調査で、「昔より今のテレビ番組のほうが面白い」と答えた人は、わずか12.4%となっている。

差別的な内容はもちろん放送すべきではないが、攻めの番組を地上波で流すことは難しく、良くも悪くも「無難な」ものばかりになっているのが現状。

時代の流れといえばそれまでだが、少々残念な気も。松本人志には、批判の声に負けずそんな現状にとらわれない番組を作り上げてほしい。

・合わせて読みたい→「みんなでTwitterブロック」 松本人志のトランプ対策が絶妙すぎる

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治イラスト/ミキシマ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年3月18日~2016年3月22日
対象:全国20代~60代の男女1,352名(有効回答数)

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集