しらべぇ

日本が誇る『宝塚大劇場』にタモリが潜入 宝塚トップの登場にファン歓喜

『ブラタモリ』(NHK)で、タモリが兵庫県宝塚市を訪問。タモリを出迎えた2人の宝塚トップが話題に。

エンタメ 地域

舞台

(goodynewshoes/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)

13日に放送された『ブラタモリ』(NHK)で、タモリ一行が兵庫県宝塚市を訪れ、街のシンボルである宝塚大劇場に潜入した。宝塚大劇場は、年間で110万人以上の観客が訪れる一大エンターテイメントだ。

 

■宝塚トップがタモリをお出迎え

宝塚大劇場では、星組トップスターの紅ゆずると、星組トップ娘役の綺咲愛里がタモリを出迎えた。2人は2016年にトップになって以来、これまで年間250公演をこなしているという現役のタカラジェンヌ。

初代の宝塚大劇場ができたのは大正13年。開場当時は収容人数が4000名と、日本一の大きさを誇る劇場だった。

中でも、宝塚歌劇団のレビューで一大ブームを巻き起こした『ベルサイユのばら』は、昭和49年以来、何度も上演された日本の演劇史上に残る名作として知られている。

宝塚大劇場は当初、使われていない低湿地に建設された家族で楽しめる娯楽施設。また、宝塚駅から宝塚大劇場へと続く『花のみち』にもルーツがあり、元は武庫川の氾濫でできた自然堤防だったという。

 

■紅ゆずると綺咲愛里に注目集まる

宝塚大劇場でタモリを案内した紅ゆずるは、2015年に『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』で主演を務め、2017年には綺咲愛里と、ミュージカル『スカーレットピンパーネル』で、トップコンビ大劇場お披露目公演を果たした。

なお、ゲストとして登場した2人に対して、宝塚ファンからは「素敵!」「出してくれてありがとう」といった歓喜の声が上がっている。

 

■「男装をしてみたい」20代女性が多数

しらべぇ編集部は、20~60代の男女1,340人に「異性の格好をしてみたいと思うか」を調査。

すると、20代女性の30.8%が「異性の格好をしてみたい」と思っていることが明らかに。その一方で、60代女性が6.0%と少ないことが判明した。

「異性の格好をしてみたい」と思う女性の中には、宝塚歌劇団に憧れて男装をしてみたい人もいるのかもしれない。

今回の放送で大いに注目された宝塚市には、紹介された宝塚大劇場以外にも、手塚治虫記念館などの観光スポットが存在している。そのため、訪れた際にはぜひとも訪問してもらいたい。

・合わせて読みたい→高橋真麻、元男役スター・樹里咲穂とアカペラ熱唱 宝塚入り諦めた理由は「顔と体重」

(文/しらべぇ編集部・綿 つゆ子

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年1月22日~2016年1月25日
対象:全国20代~60代の男女1,340名

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu