鈴木紗理奈、元夫との子作りを検討 「パパじゃないとイヤ」に賛否両論の声

鈴木紗理奈が元夫との関係について告白。「子供ができるなら元夫」発言に驚きも。

エンタメ

2018/01/15 17:00

(画像はInstagramのスクリーンショット)

タレントだけでなく、女優としても活躍の舞台を広げている鈴木紗理奈(40)。

7歳の長男を育てるシングルマザーでも知られているが、15日放送の『ビビット』(TBS系)に出演し、元夫でレゲェミュージシャンのTELA-Cとの不思議な関係について語った。


 

■離婚した今のほうが関係は良好

08年12月に結婚し、10年2月に第1子の長男をもうけたものの、「離婚したほうがより子供のためになったっていう育児をしよう」との決意から、13年12月に離婚を発表した鈴木。元夫とは、むしろ現在のほうが良好な関係を築けているという。

元夫は徒歩5分以内の場所に住んでおり、週に1回ほど3人で会っているようだ。鈴木も息子も「あー、やっと会えた、嬉しい」との思いで会っており、「その何時間かが最高に夢みたいな時間ですねと語る。その理由として、元夫とは男女の関係ではなく、ひとりの人間として大切しているから、とした。


 

■元夫との子作りも視野に

さらに、元夫との子作りも考えていると告白した鈴木。長男に弟か妹ができることについて「パパの子じゃないとややこしいし、家族の形がまた壊れてしまう気がして」と明かした。その結論として「やっぱりパパやな、子どもを作るなら」と1年ほど悩み、元夫にも相談したという。

すると元夫からは「OK、俺はOKだよ」と返事をもらったよう。鈴木が「それって精子だけいただいて病院でってこと?」と質問すると、元夫からは「違うよ。俺はいつでもOKだぜ。嫌だったら目隠しすればいいよ。誰のお面つけてほしい?」と軽い返事がきて、鈴木は「ギャグだったとは思うんですけど、私が1年悩んでたの何やったんやろう」と思ったとのこと。

一見、関係はかなり良さそうだが、復縁については「ないですないです。今の距離がいいですね」と語った鈴木。とはいえ、もしも子作りをするなら元夫以外考えられないという。

次ページ
■「新しいかたち」に賛否両論

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ