アニメ声のセクシーグラドル・彩川ひなの 「上品セクシーを極めました」

最新作は何かを“足でグリグリ”するシーンが見応え充分!?

アイドルグループ「リンクSTAR’s」の元メンバーで、妖艶なルックスとアニメ声のギャップが人気のグラビアアイドル・彩川ひなのちゃんが、新作イメージDVD&ブルーレイ『彩川ひなの ボクの家庭教師』をリリース。

東京・秋葉原で行われた発売記念イベントに、しらべぇ編集部も取材に訪れた。

 

■ロケ中に笑ってしまって…

9枚目となる今作は、昨年の10月にバリ島で撮影されたもの。

「とにかく撮影中メチャメチャ笑っちゃいました。もうすごく楽しくなっちゃって。でもタイトルの『ボクの家庭教師』の通り、今回はお姉さん系で行きたいなと思ってたので、あんまり笑わないように…でも、やっぱりひならしさが、素がおもいっきり出てます」

と撮影を振り返った。

 

■足でグリグリのシーンはヤバい?

作中でもとくにオススメのシーンを尋ねると…

「これはすごいっていうのは一番最後のシーンです。『最後なだけあるな』って。真っ黒の衣装で小さいボレロを羽織った水着で、赤いルージュを引いてるすごく大人っぽいシーンなんですけど、そこはヤバい。めちゃくちゃセクシーです。足でグリグリしたり…まぁそれは見てのお楽しみです(笑)」

とのこと。また、ノーブラで臨んだサイドショットのシーンもあるそうで、

「ホントにほとんど見えちゃってて、何回も現場でポロリが出てしまって大変でした。ちゃんと目を凝らして見れば、もしかしたら何かが映ってるかもしれないですよ?」

と茶目っ気たっぷりに笑った。

次ページ
■上品セクシーを極めた

この記事の画像(7枚)

あなたにオススメ