しらべぇ

風邪で欠勤は自己管理不足? 「インフル出勤はバイオテロ」と批判も

風邪やインフルエンザで休む人を、自己管理不足と思う人は今でも一定数いるようだ。

ライフ

(AH86/iStock/Thinkstock)

インフルエンザが流行している現在、療養のために会社を休んでいる人も多いだろう。病気なのに後ろめたさを感じるのは、昔から「自己管理も仕事のうち」と言われてきたからだ。

しらべぇ編集部では、全国20〜60代有職者の男女633名に「欠勤について」の調査を実施。

「風邪で仕事を休む人は自己管理がなっていないと思う」と答えた人は、全体で24.8%。あなたの会社にも、このような考えの人がいるかもしれない。

 

■自己管理で防げるわけがないの声

年代別では、60代以上が唯一3割を超えている。

風邪で休む自己管理グラフ

他の世代では20%台で、病気を自己管理不足と考える人は少数派である。

「風邪やインフルエンザを、自己管理で防げるわけがない。その人は自分が大病に襲われたときに、『自己管理がなっていなかった』って反省するの?」(20代・女性)

 

■インフルエンザなのに出勤するのはテロと同じ

たとえ体調が優れなくても、出勤をすべきだというところもいまだにあるようだ。

「昔、バイトをしていた居酒屋では、普段から『熱が出たくらいでは休めないから』と釘を刺されていた。そのために、38度の熱がある日も出勤。今思うと、確実なブラックバイトだと思う」(30代・女性)

 

しかし、そんな根性論だけで無茶をしても、かえってマイナスになるとの声も。

「インフルエンザで出勤するなんて、ある意味バイオテロと同じ。ほとんどの社員が寝込むはめになれば、それこそ会社が回らなくなる。だから治るまで、ゆっくりと家で休んで欲しい」(40代・男性)

 

■自己管理と言っていた人がインフルエンザに

日頃から癖の強い部長に、困っていた男性。インフルエンザにまつわる、次のようなエピソードを語る。

「インフルエンザが流行し、社内でも数人が欠勤していた。それをうちの部長は『こんな忙しい時期に寝込むなんて、どんな神経しているんだ!』と激怒。

 

しかし、しばらくすると、部長がインフルエンザになり自宅療養に。『ざまあみろ』と、みんなで一緒に喜んだ。

 

そして戻ってきた部長は自分の発言は忘れ、『熱が40度近くあって、大変だった』と自分の症状をアピール。『あんたこそ、どんな神経してるんだ』って感じ」(30代・男性)

 

自分の体を労わることは、もちろん大切である。しかし、体調管理の名のもとに、弱った体でも働くことが正しいという風潮は、なくなるべきだろう。

・合わせて読みたい→夏風邪流行や気温差で体調崩す人も…微熱で会社を休か聞いてみた

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年12月15日~2017年12月18日
対象:全国20代~60代有職者の男女633名 (有効回答数)

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集