「#me too」問題 マツコ・デラックス「オシャレなセクハラ」発言に賛否

『5時に夢中!』でカトリーヌ・ドヌーヴの謝罪騒動に関してマツコが持論を展開!

エンタメ

2018/01/16 15:00


 

■マツコの意見に賛同も

マツコの主張に対し、視聴者からは賛否が起きている。

・マツコのコメント、セクハラは決して許されるものではないけど何となくわかる。


・ドヌーブさんのセクハラ問題への見解は別にしてマツコさんの言いたいことは理解できます。


・マツコの意見は一理あるとおもいます。ですが所詮セクハラか否かは受け手による処が多いかと。


当然、セクハラに関しては許されるものではないとしながらも、マツコの考えに賛同する意見もあった。


関連記事:満員電車で目の前の男性がイジりだしたモノに絶句 「ここでやるのか…」

 

■批判の声も目立つ

しかし、それ以上に「オシャレなセクハラ」という発言には厳しい意見が多く寄せられている。

https://twitter.com/idaisukiyou/status/952877447241871360

https://twitter.com/itadakanaim/status/952967456871493632

■約1割が「セクハラしたい」

しらべぇ編集部で全国20~60代の男女1,368名に調査したところ、女性は約5%、男性は約20%、全体で11.4%が「セクハラをしたいと思ったことがある」と回答した。

肉体的、社会的に弱い立場にある者が対象となる卑劣な行為であるセクハラは、男性でも8割は興味がないようだが、特に女性は強い嫌悪感を持っているはずだ。

マツコの言う「オシャレなセクハラ」は、当事者同士の関係性では成り立つのかもしれないが、それは極めて稀な例だろう。多くの人にとってセクハラが許されない行為なのは間違いない。

・合わせて読みたい→卑劣な「就活セクハラ」めぐる対策 NHKの特集に疑問の声も…

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ イラスト/ミキシマ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年8月26日~2016年8月29日
対象:全国20代~60代の男女1,368名(有効回答数)

この記事の画像(1枚)