しらべぇ

こじるり、千葉県愛が溢れすぎた発言に埼玉県民ブチ切れ 夏菜「ピーナッツ食ってろ!」

『踊る! さんま御殿!!』で千葉VS埼玉! 千葉出身のこじるり、ジャングルポケット・齋藤の埼玉ディスに…

エンタメ

16日放送『踊る! さんま御殿!!』(日本テレビ系)に神奈川VS千葉VS埼玉出身のタレントが集合。

千葉県出身のこじるりこと小島瑠璃子(24)が「千葉のライバル」とされがちな埼玉県をディスった結果、埼玉県民の怒りが爆発している。

 

■千葉愛に溢れたこじるり

小島は「千葉にはディズニーランドや成田空港がある」と自身の出身・千葉県の魅力を語る一方で、ライバル視される埼玉県に対して「でも、埼玉には行かなくても人生を終えられる。(行かなくて)一生を終える国民は8割9割くらい」と毒を吐く。

これに同じ千葉県出身のジャングルポケット・齋藤慎二(35)も賛同。しかし、埼玉県出身の女優・夏菜(28)は激しく拒否反応を起こす。

「(コレっていうものが)無いからどの県にも歩み寄れる。優しい気持ちを持てる」と必死に反論し、「ピーナッツ食ってろ!」と切り捨てた。

 

■こじるりが止まらない

小島はさらに熱弁をふるう。「千葉は海も山のモノもあって、なにかあれば成田から飛び立てるから、国として機能する。埼玉は国として考えたら2週間持つか持たないか」と千葉と埼玉を「国」として考えて比較する。

これに夏菜は「埼玉はブロッコリーの生産がスゴイ。あと、クワイとか」と必死にアピールするが、周囲は千葉圧勝のムードに包まれた。

 

■千葉県知事に噛みつく

「関東3位争いの意味が分からない」、小島は埼玉を完全に下に見ていたが、「新幹線が通っていない」「温泉はあるものの『有名な温泉地』がない」点を突かれると意気消沈。

最終的に千葉県知事・森田健作が「温泉地に名称をつけない」ことを愚痴りだし、「やり方が若干ヘタかも」と批判。斎藤から「今日とばしすぎだよ」とたしなめられた。

 

■埼玉県民の怒り

千葉愛に溢れすぎているばかりに、ライバル視される埼玉への口撃が止まらなかった小島に、埼玉県民は怒りを爆発。

反して千葉県民からは、小島の活躍に賞賛が贈られている。

ただ、この白熱した争いも、「どっちでもいい」と感じている視聴者が大半だったようだ。

■僅差で「千葉」勝利

しらべぇ編集部で全国20~60代の男女1,378名に「東京以外の関東地区でもっとも都会だと思う県はどこか」を調査したところ、千葉県は8.3%で2位、埼玉は5.2%で3位だった。

大方の想像通り、神奈川県は圧勝しているが、千葉と埼玉は僅差で「千葉の勝利」となった。

もちろん、都会かどうかだけでなく、住みやすさや都市の魅力は別問題。千葉にも埼玉にも「住んで初めてわかる魅力」があるのは間違いない。行き過ぎた「地元愛」で他県を下げるのではなく、自分たちを上げる努力が必要だろう。

・合わせて読みたい→埼玉県民は童貞が多くデートにお金をかけないことが判明

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年12月16日~2016年12月19日
対象:全国20代~60代の男女1,378名(有効回答数)

この記事の画像(1枚)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu