ドランク・鈴木VS気功の達人が衝撃の結末 視聴者「鈴木に気を使わせた」

『マツコ&有吉 かりそめ天国』で気功の達人とドランクドラゴン・鈴木拓がガチ勝負! 有吉弘行からは「人でなし」の声も…

「手を触れずに相手を吹き飛ばす」気功の達人に対して、「演技」や「忖度」が疑われるのはよく聞く話。

17日深夜放送『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)で、その疑問にドランクドラゴン・鈴木拓(42)が真っ向から挑戦。驚きの結末を迎えた。

(画像はドランクドラゴン鈴木拓公式Twitterからのスクリーンショット)

 

■空気を読まない男・鈴木拓

23年間ブラジリアン柔術をたしなむ鈴木と言えば、芸人界きっての「空気を読まない」男。

挑戦前には、「頭ごなしに否定せず、吹っ飛ぶのを体験したい」と前向き。さらに「吹っ飛ばなくてもギャラは発生する」とスタッフから言質をとり、「ありのまま」万全の態勢で気功の達人に向かい合うことに。

 

■有吉「人でなし」

中国で修行後、日本初と言われる気功道場を設立した「伝説の気功師」が対戦相手。

手始めに弟子に気功をぶつけると、後方に数回転しながら吹き飛ぶ。「磁石の同極同士で反発するように飛ばされる」と語る弟子に「本当ですか?」と鈴木。

本番前に鈴木の体内に5分間「気を注入する」達人。準備が整い、棒立ちの鈴木に達人は気を放つが、微動だにしない。有吉弘行(43)はその鈴木の様子に「人でなしだな、ろくでなし」と嘆いた。

次ページ
■鈴木が「気をつかう」結果に…

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ