しらべぇ

ドランク・鈴木VS気功の達人が衝撃の結末 視聴者「鈴木に気を使わせた」

『マツコ&有吉 かりそめ天国』で気功の達人とドランクドラゴン・鈴木拓がガチ勝負! 有吉弘行からは「人でなし」の声も…

エンタメ

「手を触れずに相手を吹き飛ばす」気功の達人に対して、「演技」や「忖度」が疑われるのはよく聞く話。

17日深夜放送『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)で、その疑問にドランクドラゴン・鈴木拓(42)が真っ向から挑戦。驚きの結末を迎えた。

(画像はドランクドラゴン鈴木拓公式Twitterからのスクリーンショット)

 

■空気を読まない男・鈴木拓

23年間ブラジリアン柔術をたしなむ鈴木と言えば、芸人界きっての「空気を読まない」男。

挑戦前には、「頭ごなしに否定せず、吹っ飛ぶのを体験したい」と前向き。さらに「吹っ飛ばなくてもギャラは発生する」とスタッフから言質をとり、「ありのまま」万全の態勢で気功の達人に向かい合うことに。

 

■有吉「人でなし」

中国で修行後、日本初と言われる気功道場を設立した「伝説の気功師」が対戦相手。

手始めに弟子に気功をぶつけると、後方に数回転しながら吹き飛ぶ。「磁石の同極同士で反発するように飛ばされる」と語る弟子に「本当ですか?」と鈴木。

本番前に鈴木の体内に5分間「気を注入する」達人。準備が整い、棒立ちの鈴木に達人は気を放つが、微動だにしない。有吉弘行(43)はその鈴木の様子に「人でなしだな、ろくでなし」と嘆いた。

 

■鈴木が「気をつかう」結果に…

その後も10分間、気を放ち続けたが鈴木は吹き飛ばず、「鈍感なんですかね?」「一応、飛ぶパターンも撮っときます?」と提案。達人も「重心が下にある。なかなか飛ばない」と首を傾げる。

その後、女性スタッフも同様に気を受け、「だんだん足が上に行く」と思わずよろける結果に。「気の感じ方は人それぞれ」と締めくくった。

気功に疑いを持っていた視聴者からは、鈴木の正直な対応に賞賛をおくっている。

 

■2割が「科学で説明できない体験あり」

しらべぇ編集部で全国の男女20~60代1,345人を対象に調査したところ、2割が「現代の科学では説明できない体験」をしたことがあると回答している。

気功の達人も、かつて大学の研究機関から科学的な調査を受けたこともあるそうだが、「気」の存在は明確に解明されていない。

影響には個人差があり、弟子は吹き飛び、スタッフはよろめき、鈴木は微動だにしなかった「気功」。関係者の胸中は複雑だろうが、いつか科学的に証明されれば、今回の鈴木が「異常」だったと笑い話になるにちがいない。

・合わせて読みたい→菊地亜美の近影にファン騒然 衣装かぶりより深刻な「問題点」が発覚

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2015年7月24日~2015年7月27日
対象:全国20代~60代男女計1,345名

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集