しらべぇ

絶対に家で休むべき! 体調不良でも出勤する人の最悪行動3選

体調が悪いのに出勤し、周囲に迷惑をかける人も…。

ライフ

sirabee20180110orange005

(bee32/iStock/Thinkstock)

空気が乾燥しているこの時期、体調を崩す人も多い。

体調に異変を感じた場合は、できるだけ自宅で休養する人がほとんどだろう。

中でもインフルエンザに感染した場合は、学校や職場には無理に行かず、人混みや繁華街への外出も控えるよう求められる。

だが、中には体調不良のまま会社に出勤し、周囲に迷惑をかける人たちがいるらしい…。

 

①仲間はずれにするわけにはいかない…

「具合があまり良くなさそうなのに出勤してきた子がいたんですが、昼食は他の人と同じ休憩室で食べていました。

 

仲間はずれにするわけにもいかず、その子を含めた同僚4人で一緒に昼食を食べたところ、私も入れて2人がその後似たような体調不良に…。

 

さすがに周りの迷惑も考えて、休んでほしかったです」(女性・27歳)

 

②わざと人に向けて咳をして笑っている

「インフルエンザで欠勤し、数日間ほど経て出勤してきた後輩。

 

いろいろな社員に近づいては、『まだ菌が残っているかも〜』と、わざと空咳を浴びせて笑っていました。

 

感染から数日間しか経っていなければ、菌が残っている可能性は本当にある。冗談だとしても、絶対にやってはいけない行為だと思う」(女性・29歳)

 

③人に感染させても悪びれる素振りがない

「体調が良くないようなのに『バカは風邪ひかないからこれは風邪じゃない。気のせい』と、出勤してきた社員がいました。

 

しかし、その人の隣で仕事をしていた私は翌日ダウン。復帰後に会っても、『俺のがうつっちゃったかな〜』と言うだけで謝罪もなし。

 

正社員ではなくアルバイトで時給制だった私は、その後1週間も仕事を休むはめになり給料は少なくなるし、医療費はかかるし最悪でした」(女性・25歳)

 

■「体調不良でも働くべき」だと思う人はどれくらい?

ちなみに、しらべぇ編集部が全国の20代〜60代の会社員473名に「微熱くらいでは会社を休むべきではないと思うか?」調査を実施したところ、約半数がYESと回答。

「具合が悪くてもきちんと仕事をして立派」という風潮が少なからずあり、そうした考えが影響しているのだろうか。

sirabee170909binetsu

また、普通の風邪と違い、インフルエンザは強い感染力を持つ疾患だ。38℃以上の発熱、頭痛、関節痛などを伴い、重症になる可能性もあり得る。

厚生労働省が平成29年11月15日時点で公開した「平成29年度インフルエンザQ&A」によると、一般的に発症前日から発症後3~7日間は、鼻やのどからウイルスを排出するといわれてる。

自分の身体のためにはもちろんだが、他人に迷惑をかけないためにも、体調不良の場合はしっかりと家で休むべきだろう。

・合わせて読みたい→風邪で欠勤は自己管理不足? 「インフル出勤はバイオテロ」と批判も

(文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん 参考/厚生労働省「平成29年度インフルエンザQ&A」)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年7月14日~2017年7月17日
対象:全国20代~60代の会社員473名(有効回答数)

この記事の画像(2枚)

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu