しらべぇ

12星座別ランキング! 平日休みを取りたいと思う星座とは…

普段は働いているはずの平日、休みたいと思ったことがある人も多いよう

診断

(paprikaworks/iStock/Thinkstock)

待ちに待った休日、どこに行っても混雑していて、「こんなことなら、平日に来たかった…」と思ったことがある人も多いのではないだろうか?

しらべぇ編集部では、全国の20~60代の有職者男女659名を対象に「平日に休みたいと思う」か意識調査し、12星座別にまとめた。

 

■最も休みたいさそり座

全体では73.6%とかなり多くの人が「平日に休みたい」と回答。混雑などのほか、銀行や役所・病院といった平日じゃないと利用しにくいサービスが多いことも、要因といえそうだ。

そんな中、最も「平日に休みたいと思う」割合が高かったのは、84.8%のさそり座。

意志が強く頑固な性格、個人主義な面もある星座。他の人が働いていても、休むことに後ろめたさを感じない性格が、結果に表れているようだ。

2位のおうし座は「自由」な星座。他人からの評価もあまり気にしないため、さそり座同様、みんなが働いているタイミングで休むことに、抵抗感は低いもよう。

また、3位のやぎ座は堅実で、マイペースなキャラクター。

上位の星座は、自分の軸を持っている星座が多く見受けられた。自分が休みたいと思ったら、躊躇なく休めそうだ。

 

■休みに魅力ない?

10位と11位には、みずがめ座といて座がランクイン。

みずがめ座は天才肌で、要領が良いとされる。自分の掲げた目標に対し、計画的に「地道にこつこつと努力」することができる星座だ。

一方、いて座はエネルギッシュで「仕事と人生のどちらも本気で取り組む」特徴を持つ。もちろん、仕事とプライベートの住み分けも完璧だ。

両者は仕事に熱心に打ち込む傾向があり、わざわざ平日に休みを取りたいとは思わないのかも。

 

■リズムが大切なてんびん座

最下位は、63.8%のてんびん座。1位のさそり座と比べると21ポイントもの差が出た。

安定を求め「一定の生活パターンを好む」ため、自分が作った生活のリズムが崩れるのを嫌がる星座だ。「平日に出勤し、週末に休む」というルーティーンを崩すことに、抵抗感が強そう。

 

みんなが働いている時に自分だけ自由に過ごせるのは、なんだかちょっと「トクした気分」になることも。普段忙しい人こそ、たまには平日にのんびりできる時間を作るのもオススメだ。

・合わせて読みたい→これまでの星座にまつわる調査結果

(文/しらべぇ編集部・ひすい翔子

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年8月25日~2017年8月28日
対象:全国20代~60代の有職者男女659名(有効回答数)

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集