もうお前なんか友達じゃない! 縁を切った最悪エピソード4選

突然の上から目線に、悪口の蓄積…ふとした瞬間に「あれ、なんでこいつと友達でいるんだろ?」と目覚めた経験は?

(Doucefleur/iStock/Thinkstock)

友達と過ごす中で、「もう付き合いきれない!」と思うことは少なからずあるはず。しかし、それでも喧嘩して仲直りして…と付き合いが続く人が多いが、「もう無理」と縁を切ってしまうことも。


 

■3人に1人は経験者

しらべぇ編集部が全国20代〜60代の男女1,328名を対象に「友達」について調査したところ、「ふとしたきっかけで縁を切ったことがある」と答えたのは全体の36.6%。3人に1人は経験しているのだ。

性年代別で見てみると、どの年代も女性のほうが多い。

女同士の関係のほうが、ちょっとしたきっかけでこじれやすいのかも。

しかし、どんなきっかけで「縁を切る」まで行ってしまったのだろうか。


関連記事:女友達に彼氏を「サル顔」と笑われた女性 衝撃の体験談に唖然とする人続出

 

①彼氏ができて豹変

「友達に初めての彼氏(バンドマン)ができた途端に豹変。会話の9割がノロケになり、その上『男ってさぁ〜』『やっぱり女の幸せって、いい男といることだよねぇ〜』と、別れたばかりの私に対して上から目線に。


その後、私に彼氏ができたら散々けなし、自分の彼氏を褒め称える。『まあ、あんたのレベルじゃ…』と言われて縁を切りました。


最後に『お前の彼氏、夢追ってるだけのフリーターじゃん』って言ってやればよかった」(20代・女性)


②とりあえず否定

「大学時代の友人は、私のことを下に見ていたんでしょうね。就活の進捗を話せば『〇〇さんも受かってて、簡単だったって言ってたよ』、卒業旅行の計画をすれば『そんなルートありえない』、カフェの注文ですら『ダサい』。とりあえず否定してくるんです。



私がそこそこな会社に内定が決まったって知った瞬間、激怒。『あんたが受かるなんておかしい! コネか! なんか裏の手を使ったに違いない!』って騒ぎ始めて。周りの友達もドン引きで、みんなで縁切りしちゃいました」(30代・女性)



③悪口三昧

「人の悪口をちょいちょい挟んでくる。否定すると怒るから、当たり障りなく流していたんです。それ以外は普通だと思ってたんで…。


まあ、普通なはずもなく。自分の悪口も言いまくってたと知り、ああやっぱりなって友達やめました」(20代・男性)



④お金問題

「『友達だろ!? 助けてくれよ!!』って懇願されたんで、数万円貸して。


何ヶ月経っても、貸した金を返さない。その上さらに貸せとか言い出した。友達というか、人としてありえない」(30代・男性)


「我慢して」友達関係を続けていても、お互いいいことはなさそうだ。

・合わせて読みたい→元NMB48・渡辺美優紀の誘いを「9ヶ月ドタキャンし続けた男」の正体に衝撃

(文/しらべぇ編集部・たつき あつこ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年11月17日~2017年11月20日
対象:全国20代~60代の男女1,328名(有効回答数)

この記事の画像(2枚)


あなたにオススメ