イグアナを食べるのはかわいそう? 『鉄腕DASH』グリル厄介の内容が議論に

グリーンイグアナを和食にして食べたTOKIO。その様子に批判も…

エンタメ

2018/01/22 06:00

イグアナ
(HuyThoai/iStock/Thinkstock)

21日放送の『ザ!鉄腕DASH!』は、2018年一発目となる2時間スペシャル。心待ちにしていたファンが、久しぶりの番組を楽しんだ。

その中の人気コーナー「グリル厄介」が、視聴者の議論を呼んでいる。

 

■グリーンイグアナの駆除に乗り出す

今回「グリル厄介」に参加したのは城島茂・山口達也・長瀬智也。3人は専門家の加藤英明氏とともに、石垣島を訪れる。

同地でペットとして飼われながら、捨てられたことによって繁殖し、地元の絶滅危惧種などを食い荒らすなどの被害をもたらしている外来種・グリーンイグアナを駆除することに。

 

■加藤氏の奮闘で捕獲

イグアナは木の上で日光浴をすることから、城島が高台から双眼鏡で所在位置をトランシーバーで伝え、加藤氏と山口・長瀬が捕獲に向かう作戦。

連携プレーで簡単に捕まえることができるものと思われたが、リーダーが位置をしっかり伝えられず大苦戦。そのうえ、次の仕事で城島は一足先に帰ってしまう。

長瀬と山口が作業を続けるも、雨が降り出してしまい、両者タイムアップ。最後に残された加藤氏が木の枝に登り、棒のようなものでイグアナを突くなどして奮闘する。

結果、木の上にいたイグアナを叩き落とし、下にいたスタッフが悲鳴をあげながらも無事キャッチ。なんとか捕獲することに成功した。

次ページ
■イグアナが和食に

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ