しらべぇ

韓国スシローもメニュー化 「寿司のキムチ乗せ」が日本人も納得のウマさ

この相性は意外…キムチと寿司を合わせると激ウマ

グルメ

日本で大人気の回転寿司『スシロー』は、お隣の国・韓国にも出店している。そこでは日本で味わうことができない面白いメニューが多数あるのだが、中でも衝撃を受けたのが『ひらめキムチ』。

白い辛味のないキムチがひらめの握りの上にのっている寿司だが、程よい酸味が寿司に合い、なかなか美味しかった。

 

■日本の寿司とキムチを組み合わせてみる

キムチと寿司が合うなんて日本人的にはかなり意外だったが、日本のキムチと日本の寿司を組み合わせたら、さらに美味しくなるのではないだろうか?

そこで日本のスーパーで売っている寿司と、日本人のキムチ好きに定番の『こくうまキムチ』を購入し、その組み合わせを試してみることにした。

 

■使用するのは安い寿司とこくうまキムチ

使用する寿司は1パック598円のリーズナブルなもので、品質はソコソコ。

それにキムチをひとつずつ乗せれば、国産キムチ寿司の完成だ。

 

■安い寿司にキムチは最強のパートナー

気になる味は、コレがまた激ウマ! スーパーの安い寿司はマズくはないものの、やはり寿司屋で食べる寿司にくらべるとネタの旨味がとぼしい。

それにキムチの旨味が加わると、風味に欠けていたネタの味を補ってくれるため、食欲MAXで一気に食べてしまうほど美味しくなる。

しかも、こくうまキムチにはあみエビなど魚介系のエキスが入っているので、魚によく合うのだ。安い寿司を美味しくする裏ワザとして、キムチを乗せるのはかなりアリである。

 

■キムチ寿司が日本に来る日も近い?

日本人が考えた外国人の嗜好に合うロール寿司が海外で流行り日本でも一般的になったように、キムチ寿司も韓国スシローが韓国で作り、日本で食べられるようになる日が来るかも。

高級な寿司でやるのはさすがにもったいないが、安価な寿司とキムチの相性はバツグンなので、寿司とキムチが好きな人はぜひ試してみよう。

・合わせて読みたい→【衝撃】イタリアンの川越シェフが完全に『キムチ研究家』になる

(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男

この記事の画像(6枚)

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu