しらべぇ

有吉・マツコが語る「優勝より準優勝が注目を集める理由」に共感の声

『マツコ&有吉 かりそめ天国』で有吉弘行とマツコ・デラックスが「準優勝者」の魅力を熱弁

エンタメ

昨今の賞レースでは、「優勝者」ではなく「準優勝者」が注目を集めることは珍しくない。

24日深夜放送『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)で、有吉弘行(43)とマツコ・デラックス(45)がその理由を熱弁。視聴者から共感の声があがっている。

 

■プロ野球ドラフトで解説

『キングオブコント2017』優勝の「かまいたち」より「にゃんこスター」、『The W』も優勝した「ゆりやんレトリィバァ」より「牧野ステテコ」、なにかと準優勝者が世間の注目を集めがちだ。

「日本人は優勝より準優勝に注目する」、この現象に対して有吉は「プロ野球のドラフト」に当てはめ、「1位は将来性のある高校生、2位3位は即戦力の社会人をとる」と前置き。

「1位は伸びしろもあるし『こいつらに(票を)入れてあげたい』ってなる。即戦力は『もう出来あがってるから、いいか』と2位にする」と持論を展開し、世間にすぐ受け入れられるだけの「出来上がっている魅力がある」のが準優勝だと解説した。

 

■マツコは順位付けに苦言

これに対してマツコは「点数付け、順位付けが面白いのは分かるが、安直に始めて欲しくない」と賞レースへの苦言を口にする。有吉も「順位付けるの好きすぎない? 漫才とか、命がけのモノを見ると胸が苦しくなる」と賛同。

「苦しみを抜けて何かあるならいいが、それで『準優勝のほうがいい』ってなるなら(救いがない)」マツコは優勝よりも準優勝が目立つ現況を悲観した。

 

■視聴者共感

有吉がプロ野球のドラフトで解説した「優勝と準優勝の選び方」に、視聴者は大きな共感を見せている。

 

■24.9%が「優勝者はもともと決まっている」

しらべぇ編集部で全国20~60代の男女1,381名を対象に調査したところ、24.9%が「芸人の賞レースはもともと優勝者が決まっている」と考えていることが明らかとなった。

M-1グラフ

当然あり得ないが、「事務所が一番売りたい芸人が1位になる」、そんな都市伝説のような噂がネットで見受けられるように、4人に1人は「出来レース」を疑っている。

「判官贔屓」という言葉からも、日本人は「弱いものを応援したくなる」傾向がある。しかし準優勝者に注目が集まるのはそれだけではなく、有吉が言う通り、「バラエティ界の即戦力となる魅力を持っている」からかもしれない。

・合わせて読みたい→ブレイク中の一茂、良純、ちさ子を有吉・マツコ熱弁 「一茂は野球だけ、良純は役者だけ下手」

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2015年10月23日~2015年10月26日
対象:全国20代~60代の男女1381名

この記事の画像(1枚)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu