しらべぇ

お刺身の「つま」は食べる? 「食べる派・食べない派」の本音に驚愕

刺し身に盛られている大根などの「つま」は食べる?

グルメ

(hungryworks/iStock/Thinkstock)

刺身を注文したときや、スーパーで刺身のパックを買ったときに、必ずといっていいほど脇に添えられてある「つま」。その中でもっとも目にすることが多い「大根のつま」について、食べるかどうか意見が分かれることは少なくないはず。

しらべぇ編集部は、全国20〜60代の男女1,342名を対象に「刺し身のつまを食べるか」について調査を実施した。

 

■「食べる派」が多数

「そうだ」18.9%、「どちらかといえばそうだ」36.7%、「あまりそうは思わない」28.1%、「そう思わない」16.3%との結果に。「食べる派」は55.6%、「食べない派」は44.4%と食べる人が多いことがわかった。

「食べる派」について、男女・年代別で比較すると…

5、60代では男女ともに6割を超える人がつまを食べているようだ。一方、20代では4割と過半数を割った。20代と60代の差は18ポイントにもおよぶ。若者にとっては「おまけ」程度の認識なのかもしれない。

しらべぇ取材班は、「食べる派」「食べない派」それぞれの意見を実際に聞くことに。

 

■「食べられるものは食べる」

まず「食べる派」の意見は…

「とにかくおいしい。醤油だけじゃなくてポン酢とも合うし、良い感じでお腹も満たせて最高です。さすがにつまだけ入ったパックを買うことはないですが、つまの料金も含めて『お刺身盛り』だと思うので、食べないともったいない」(20代・男性)

 

「刺身に限った話ではなく、『皿にあるものは食べる』のがマナーです。つまが添えられるようになった元々の理由などは関係なく、食べられるものは食べるべき。もしも食べない人がいたら育ちが悪いと思ってしまいます」(60代・女性)

 

■食べるのは「貧乏くさい」

一方で「食べない派」の意見は…

「最初のお皿にあるつまなら食べることもありますが、その後、刺身を追加するときにも付いているのでイラッとします。気づいたことには、テーブルがつまだらけに…。意味があって盛り付けされていることはわかりますが、『おまけ』なので、喜んで食べようとは思わないですね」(50代・男性)

 

「味に関わらず、食べるのは『貧乏くさい』と思ってしまいます。他人が食べる分にはいいですが、自分が食べるのは少し抵抗がありますね。『あ、この人、つま食べるんだ』と思われると恥ずかしいです」(20代・男性)

 

たかが「つま」だが、されど「つま」。「おまけ」と思われがちだからこそ、そこに価値観が強く出るのかもしれない。

・合わせて読みたい→「興味はないが流行に乗る派」と「人と違うほうがいい派」の言い分

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年11月17日~2017年11月20日
対象:全国20~60代の男女1342名(有効回答数)

この記事の画像(2枚)

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu