しらべぇ

バイキング西村が台湾1周に挑んだ『西村アース』 まさかの結末に「クズ過ぎて最高」の声

『陸海空 地球征服するなんて』で台湾1周に挑戦したバイキング西村に視聴者も驚き!

エンタメ

27日放送『陸海空 地球征服するなんて』(テレビ朝日系)の人気企画『激安! いいね! アース(旧:西村アース)』で、台湾1周に挑戦していたバイキング・西村瑞樹(40)が10日間の旅を完走。

過酷な旅の中、随所で現れていた西村の「クズっぷり」。その結末も西村らしい驚きの展開に、視聴者から大きな反響が起きている。

(画像は『西村アース(仮)』Instagramからのスクリーンショット)

 

■台湾1周に挑む貧乏旅行

『いいねアース』は、旅の写真をインスタグラムにアップし、その「いいね」数を資金に目的地まで到達する企画。西村は、1度目はタイ南北縦断、2度目となる今回は10日間で台湾1周を目指していた。

タイ編ではいいね「1」で「1円」換算だったが、フォロワー数が増加した台湾編では10分の1に設定。タイ編以上に資金難に苦しんできた西村。

最終3日間、「いいね数」を稼ぐ秘策として、「台湾のインスタ王」と呼ばれる人気歌手・AARONとの2ショットを画策。これまでの最高記録となる26,166いいねを獲得し、台湾1周成功に望みをつなげた。

 

■絶望的な状況

所持金で行ける最南端「花蓮」まで進んだ西村だが、ゴールまでに交通費だけであと57,000いいね(5,700円)が必要と判明。。

絶望的な状況だが、西村はあきらめない。花蓮の観光地である「夜市」で若者たちに声をかけ、インスタグラムのフォローといいねを頼み込む。

2時間かけ、世界中から集まっている若者の協力を得た西村は、たしかな自信をもって翌日の「いいね数」発表に希望を託した。

 

■驚きの結末

最終日の朝、「いいね」を確認すると目標には到底及ばない17,898いいね。この時点で台湾1周は失敗となった。

脱力する西村にディレクターは「行けるところまで進みましょうか」と提案。しかし西村は「ゴールできないのに行く意味はない」と断固拒否、「飯食って帰りましょう」と食事やUFOキャッチャーに資金を浪費し台湾を満喫する。

さらに視聴者プレゼントに購入していたチョコを「買ったその日の夜に隠れて食べた」ことも明らかになり、西村の「クズっぷり」を再認識して『いいねアース』は幕を閉じた。

 

■視聴者は「最高」

ゴールできなくても諦めず最後まで進み涙する、それが挑戦系企画の常だが、西村にはそんな常識は通じない。その点を理解している視聴者からは絶賛の声があがった。

■約4割が「周りにクズがいる」

しらべぇ編集部では全国の20代~60代の1,348名を対象に調査したところ、全体の44.5%が「周りに『クズ』と呼びたくなる人がいる」と回答した。

西村のクズっぷりは魅力でもある。よく言えば「人間臭い」、自分に正直な西村の姿に視聴者は共感し、応援したくなるのかもしれない。すでに第3弾・モンゴル編に挑戦中の西村は、その旅でも魅力を存分に発揮しているだろう。

・合わせて読みたい→元2ちゃんねる西村氏が性欲の悩みを告白も「脱ぎます」と橋本マナミが猛アピール

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年8月25日~2017年8月27日
対象:全国20代~60代の男女1,348名(有効回答数)

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu