「いじめ動画」女子生徒の特定や誹謗中傷も 相次ぐ「ネット私刑」に批判の声

新潟の県立高校で起きた「いじめ動画」。住所や名前の特定や誹謗中傷が相次ぐなど「ネット私刑」に発展している。

いじめ
(spukkato/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)

19日、新潟の県立高校で、女子生徒が男子生徒に向かって物を投げつけたり、生理用品を貼り付けたりといった「いじめ動画」が、別の女子生徒によってインスタグラムに投稿され、ネット上で瞬く間に拡散された。

26日、新潟県教育委員会と同校の校長は記者会見を開き、女子生徒や全校生徒への聞き取り調査の結果などから「いじめ」と認定したうえで謝罪した。


 

■誹謗中傷と「特定」が相次ぐ

ネットに拡散されたことで、女子生徒に対する誹謗中傷が相次ぐ事態となっていた同問題。ネット上では、加害者である女子生徒の住所や本名といった個人情報までもが流出する事態となり、過激化をみせている。

産経新聞によれば、こういった個人情報などの「特定」や誹謗中傷により、女子生徒は恐怖を感じ、現在は授業を受けていない状況だという。


関連記事:「事務作業の煩雑さ」でメモを隠蔽 中3女子自殺をめぐる市教委の対応に憤怒

 

■「ネットリンチもいじめ」と批判の声

過激化する女子生徒に対する「晒し行為」について、「特定という名のいじめ」「ネットリンチ」と批判する意見があがっている。

・この女生徒が行った事はたとえ自覚がなくともイジメであることは確かだが、その女生徒の個人情報をネット上にさらしているのもイジメです。ネット上の私刑がドンドン当たり前になってきていて怖い


・ネットリンチもいじめなんだけど…こいつら同じことしてるって気付いてないの?


・無関係の第三者が私刑をするのが当たり前になってはいけない


・いじめを行うものと私刑を行うものやってる事はどちらも一緒 俺達はいい人、善だから向こうは悪いヤツ、悪だからなど関係ない 

次ページ
■「自業自得」「因果応報」の声も

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ