暴飲暴食のクロちゃんに「2型糖尿病」と診断 「嘘ツイートは厳禁」と注意も

暴飲暴食を繰り返す安田大サーカス・クロちゃんに医師たちも怒り!

暴飲暴食など不摂生な生活を送る安田大サーカス・クロちゃん(41)。

以前からネット上でも心配の声は相次いでいたが、29日放送の『名医のTHE太鼓判!』(TBS系)で医師たちが警鐘を鳴らす場面が放送された。


 

■暴飲暴食に医師たちも激怒

番組ではクロちゃんの一日の血糖値を計測。朝食ではたらこスパゲティ、フライドチキン、サラダを食べ、外出するとフライドチキンを2つ食べるなど、朝昼晩と間食を合わせて次々に食べ物を口にする。食後血糖値は最大311を示し、スタジオからは悲鳴が上がる。

酒に酔い酩酊状態で帰宅すると、お風呂で眠ってしまうなど危険な行動も。さらには、睡眠時に20秒ほど無呼吸になるなどを繰り返した。

血液検査の結果、医師たちからは「2型糖尿病」「慢性じん臓病(CKD)」「肝機能障害」「高トリグリセリド血病」「高尿酸血症」「メタボリックシンドローム」と診断され「いつ突然死してもおかしくない値」と注意された。


 

■「死にたくない!」と叫ぶ場面も

丸田佳奈医師は前回の収録後に「本当にヤバイです。自己管理できる状況じゃないと医師団全員で駆けつけてお話した」と明かしたうえで、それにも関わらずクロちゃんの生活に改善がみられなかったことに「何にも響いていなかったんだなと本当に私すごいショックで」と涙ながらに訴えた。

さらに「知識が間違っていることにまず気づいてない。自分の知識が正しいって勘違いしてらっしゃるし人の意見を一切聞かない」と語った。

この言葉を受け、クロちゃんも「死にたくない! 助けて!」と叫び、番組では「重度の生活習慣病改善プロジェクト」が近日指導するという。

次ページ
■「親を悲しませちゃいけないからね」とアピール

あなたにオススメ