浪速のロッキー・赤井英和 周囲が明かす「武勇伝」がヤバすぎる

大阪の人、幼馴染、高校の後輩、ボクシング部の顧問が赤井のやんちゃ過ぎるエピソードを披露

(画像はTVerのスクリーンショット)

29日に放送された『なるみ・岡村の過ぎるTV』(朝日放送系)で、浪速のロッキーこと元プロボクサーでタレントである赤井英和の武勇伝を披露。その内容が「ヤバすぎる」と話題になっている。



 

■面白くてヤバすぎ

番組では赤井の地元である大阪の人に、彼の目撃情報を調査。さらに、幼馴染や高校の後輩、ボクシング部の顧問が、面白くてヤバすぎるエピソードを次々明かしていく。

電車の中で目が合った人をど突いていた!


北新地で大概もめてた!


・梅田の地下街で酔っぱらって寝ていた!


最近は一人で飲み歩いている!


飲み屋で同席した人に奢られ過ぎる!


・軽トラで高校通学していた!


高校を退学しかけた!


・パチキンが好き過ぎる!


高校時代の後輩は「当時の赤井さんは、どういう存在だったんですか?」と聞かれ、「めちゃめちゃ怖い人。学校に軽トラで行ってましたからね。1年ダブってるから免許持っとってん」と回答。

普通の高校生では考えられない話だ。


関連記事:他人の罪をかぶったことがある? 「その人のためにならない」との批判も

 

■赤井が大阪の街でシール配り?

ネットでは番組を見た感想だけでなく、自身が赤井と遭遇したときのエピソードも上がっている。

https://twitter.com/isoica323/status/957989700463075328

新世界に1号店がある『元祖串カツだるま』は、2000年ごろに店主の病気の関係で、店の廃業を検討していたそう。

それを知った赤井は、高校のボクシング部の後輩を引き抜き、店主の下で修業を積ませたうえ、彼自身も店のシールを配るなどして宣伝。今では見事に再建し、店舗を増やしている。


■半数以上が疑問

しらべぇ編集部では全国の20~60代の男女1,500人に「元不良という肩書が評価されることに疑問を感じる」かどうかを調査したところ、半数以上の人が「疑問を感じる」回答。

元不良のエピソードは、普通の人では体験できないようなハチャメチャなものも含まれる。それを面白いと感じる人もいれば、不快に感じる人もいるだろう。

昔のやんちゃ話をする時には、しっかりと相手を見極めたほうが良さそうだ。

・合わせて読みたい→サンド伊達、お笑いエリートと寿司を食べて心境明かす 「羨ましい…」

(文/しらべぇ編集部・しらべぇ編集部

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2014年8月15日~2014年8月19日
対象:全国20~60代の男女1500名(有効回答数)

この記事の画像(1枚)