「ガチのAVヲタク」美少女が自らデビュー なぜ彼女はそこまでAVを愛するのか

毎週のように女優イベントに通う、筋金入りのAVファンだという。

 

■初体験では幻滅も

白瀬ななみ

その後、18歳になった彼女は、白石茉莉奈や桐谷まつりなど、さまざまな女優のイベントに通うようになる。

白瀬:女優さんのイベントは、ほぼ毎週行ってますね。高校時代は、まだAVを買えなかったので、サンプル版を見ていました。とにかく「美しいな」と思って。女性の裸っていちばんの芸術だと思うんです。


初体験より前にAVを見てしまっていたので、初めてしたときは正直「こんなもんなのか…」って幻滅しましたね。AVは見てましたけど、プライベートでの体験はそれほど気持ちよくなかったです。


 

■デビューの誘いに戸惑った意外な理由

白瀬ななみ

毎週のように通っていたセクシー女優イベントで、AV監督に声をかけられたのがデビューのきっかけとなった。

白瀬:イベントで監督さんに声をかけられて話を聞いたんですけど、最初は「見るのは好きだけど、出るのは無理無理!」って思いました。でも、監督やプロデューサーさんの熱意を感じて…。


いちばん気になってたのは、「女優になっちゃうと他の女優さんのイベントには行けない」って聞いてたことなんです。「1ファンとしてイベントに行きまくりたいのに、行けなくなっちゃうじゃないか」って。


でも、「それは趣味だから、行ってもいいよ」って言ってもらえたので、「それだったらデビューしてもいいかな」と思って。脱ぐことへの抵抗とかは、そんなになかったです。

次ページ
■初撮影は「見学」気分で

この記事の画像(10枚)

あなたにオススメ