「不妊治療のお金の話」にネットざわつく『隣の家族は青く見える』

若い人ほど知っておいてほしい「不妊治療助成金の年齢制限」と35歳の壁

エンタメ

2018/02/02 15:30

(画像提供:(C)フジテレビ『隣の家族は青く見える』)

1日、深田恭子(35)が主演するドラマ『隣の家族は青く見える』(フジテレビ系)の第3話が放送された。

不妊治療というシリアスなテーマを取り上げながらも、かわいらしい若夫婦の日常を軽快なタッチで描いた本作は「見ているだけで勉強になる」と注目を集めている。

 

■保険がきく治療でもイタい金額

(画像提供:(C)フジテレビ『隣の家族は青く見える』)

深田演じる主人公・五十嵐奈々と、松山ケンイチ(32)演じる五十嵐大器夫妻が、4世帯が協同で建てて入居する「コーポラティブハウス」で暮らしながら、妊活に取り組むという内容の本作。

第3話でもネットの反響が大きかったのが「不妊治療のお金の話」だ。

不妊治療の中でも比較的治療費が高額ではない上に、保険がきく「タイミング法」に挑戦している五十嵐夫妻。しかし、奈々が不妊治療にかかった費用を計算したところ、93,972円といった「一般家庭の家計にひびく」金額が算出される。

 

■35歳未満でないと助成金はもらえない?

(画像提供:(C)フジテレビ『隣の家族は青く見える』)

診察や検査、薬代などもろもろの総額に驚き、「助成金はないのか?」と尋ねる大器に「ある」と答える奈々。しかし、大器が喜んだもの束の間、世知辛い現実が明かされる。

「今までは都でも区でも体外受精からしかもらえなかったんだけど、東京都が去年の10月から、一般の不妊治療や検査を対象とした助成金を出すようになったの…ところが条件があって、ここみて」

 

奈々が指差したWebサイトには

「検査開始日における妻の年齢が35歳未満(夫の年齢制限はなし)」

 

という条件が記述されていた。

次ページ
■1回で40万や50万が消える世界

この記事の画像(9枚)

あなたにオススメ