SKE48・斉藤真木子、尿漏らしドッキリで吐く まさかのハプニングに謝罪も

『極楽とんぼKAKERUTV』尿を漏らすという山本圭壱のドッキリにSKE48・斉藤真木子が青汁を吐いてしまった。

©AbemaTV

1日放送の『極楽とんぼKAKERUTV』(AbemaTV)にSKE48・斉藤真木子(23)が出演。MCの極楽とんぼのふたりからのドッキリを受け、気持ち悪くなって吐いてしまうという事態となった。

 

■尿漏れドッキリにリバース

番組では「アイドルの優しさにカケル! 禁断ドッキリおもらしを拭く優しいアイドルは誰だ」との企画を放送した。青汁を飲みながらしりとりをするゲーム中に、山本圭壱(49)がおしっこを漏らしてしまい、アイドルたちが何秒で床を拭くことができるかのタイムを競うというもの。

斉藤と山本がしばらくゲームをしていたところ、山本は唸り声をあげながらズボンの裾から黄色い液体をもらしてしまう。そのとき青汁を飲んでいる最中だった斉藤は、手で口元を押さえてその場から後ずさり。

しばらく我慢していた斉藤だが、「いったんCMです!」との声がかかると同時に青汁を床に吐いてしまい、そのままスタジオの奥に移動してしまう。

 

■「急に気持ち悪くなっちゃって」と謝罪

ドッキリということが明かされたのち、加藤から「青汁を口に含んでいるときに山本さんが漏らしたから、飲み込めなくて青汁を吐きましたよね?」と問われた斉藤は「急に気持ち悪くなっちゃって…。あれ? あれ?」と床の黄色い液体を指差した。

どうやら山本から出ている液体を見たことで、自身が口に含んでいる青汁もおしっこのような気がして吐き出してしまったったという。斉藤は「ちょっと一瞬だけ…。1回出ちゃいましたね、ごめんなさい」と謝罪した。

ちなみに床の液体を拭いたのは、斉藤と同じくチームとして参加したSKE48・松村香織(28)でタイムは58秒。これまでも数回開催されている企画だが、歴代4位の結果となった。ちなみに歴代1位はアイドルグループ「アップアップガールズ(仮)」の古川小夏(25)で17秒だった。

 

■ファンからは「おもしろかった」と好評

放送終了後、斉藤のツイッターにはファンからさまざまなコメントが寄せられた。

・まさかのリバース(笑)

 

・見てました! めっちゃおもしろかったですw

 

・まきちゃんさすがでした 面白かったよ!

 

・ドッキリ担当の精鋭さん、ナイスふぁいと

 

・あのリバースは仕方ないよね

 

目の前でおしっこが漏れるというドッキリがありながらも、床を拭こうとする優しさを見せるアイドルたち。この気遣いこそ、ファンから支持される理由なのかもしれない。

・合わせて読みたい→波乱万丈な俳優・黒田勇樹が「苦しさの度合い」について考える

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ