「人を死なせてまで…」 我が家・坪倉演じた父親の境遇に涙『アンナチュラル』

不当な労働による過労死…? 我が家・坪倉が演じた父親の境遇に、多くの視聴者が涙

エンタメ

2018/02/03 15:00

 

■現代社会を鋭く描く

働き方問題と格差、過労死など現代社会を鋭く斬った今回のストーリーは、視聴者の胸に強く迫ったようだ。

https://twitter.com/83ym_white/status/959435440003497986

佐野の境遇に、現代社会の様々な問題を重ねて感慨深くなっていたところへ、米津玄師の主題歌『Lemon』の歌詞が今回も絶妙にマッチし、号泣してしまったという人が続出している。


関連記事:神木隆之介が佐野ひなこと激写 志田未来との未来はどこへ…

 

■恋人の他殺体を…中堂が抱える深い闇

その後、ミコトは偶然同僚の法医解剖医・中堂が夜な夜な葬儀屋(竜星涼)と結託して、葬儀前の遺体を遺族に無断で検査しているとこを目撃。

彼の不穏な噂も含め所長(松重豊)を問い詰めると、中堂は8年前に溺死したとされる、恋人の他殺体を何も言わずに解剖していたことが明かされる。

UDIラボの解剖台で眠る中堂…次回の第5話では、そんな中堂が抱える深い闇が明らかに。また、次回が最終回へ向けてのターニングポイントであることを、脚本家の野木氏がツイッターでコメント。

1話完結の非常にテンポの良い同作。次回もセリフの一つ一つをしっかり受け止めながら、じっくり視聴したい。

《これまでに配信した『アンナチュラル』記事一覧はこちら

・合わせて読みたい→佐野ひなこ、鎖骨に乗った少量の乱れ髪 「アップはあかん」「キレイ」

(文/しらべぇドラマ班・もやこ イラスト/みかごろう


あなたにオススメ