長友佑都、妻・平愛梨の第1子出産を報告 「この感動は一生忘れられない」

無事に出産を終えたアモーレ。夫・長友選手がツイッターとインスタグラムで報告

スポーツ

2018/02/06 07:30

昨年1月に結婚した、サッカー日本代表の長友佑都選手(31)と、女優の平愛梨(33)。そんなビッグカップルの間に新しい命が誕生したことを、長友選手がSNSで報告。世界から祝福の声が寄せられている。


 

■第1子男児誕生を長友選手が報告

長友選手は5日夜にツイッターとインスタグラムを更新。生まれたばかりの我が子を抱く写真に、妻の平が無事に第1子を出産したことを報告した。

報道によると、5日に誕生した第1子は2600グラムの男児だという。長友選手はこちらの投稿に…

「母子ともに無事出産しました。この感動は一生忘れないでしょう。頑張ってくれた妻への感謝、産んでくれた母への感謝、様々な感謝の想いが溢れています。


ありがとう。これから父親として、より一層の責任、覚悟を持ち、家族を守っていきたいと思います」


と、妻や母への感謝、そして父親としての覚悟をつづっている。まだ慣れない手つきで我が子を抱き、優しく微笑むその表情からは、長友選手の幸せが伝わってくるようだ。


関連記事:平愛梨、結婚式・披露宴の写真を公開 ドレスにはアモーレ長友佑都への花言葉が

 

■祝福の声が続々

長友選手と平、両者のファンも心待ちにしていた嬉しい報告に、長友選手のSNSには様々な言語で祝福のコメントが寄せられている。また、ツイッター上にも祝福の声が溢れ、日本にも温かな幸せがもたらされている。

https://twitter.com/key1018s/status/960527574509039616

祝福の声の中には、サッカー日本代表の父と、人気美人女優の間に生まれた子を羨ましがるような声も。


■夫の移籍に献身的な思いをつづっていた平

長友選手といば、1月末にイタリアのインテルからトルコのガラタサライへの期限付きの移籍が決まったばかり。出産が間近に迫る中での夫の移籍となったわけだが、平はこのことについて、ブログで献身的な思いをつづっていた。

移籍について、長友選手は平にも意見を求めたそうだが、日々サッカーに誇りを持って向き合っている夫の姿に平は…

「私も身ひとつでついて行きたい! が、私は妊婦。飛行機に乗れない。もういつ生まれてくるか分からない。隣で『振り返った時に行ってればよかった!と後悔してほしくない!』と言った母の言葉。ほんとにそう。それしかない。」


と、母からの言葉が彼女の背中を押し夫婦で移籍を決断したことが記されている。また、トルコの地で現地のサポーターから歓迎される夫を見て「ホッとした」と同時に。

新天地での新しい生活に「ワクワクがとまらない」と期待を寄せている。無事に出産を終えた平を労うとともに、新しい命の誕生を心から祝福したい。

・合わせて読みたい→平愛梨、美容室で勝手に髪を切られ唖然 「嘘やろ!?」

(文/しらべぇ編集部・もやこ

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ