中3女子、集団いじめを苦に自殺か 学校側の「いじり認識」に批判が相次ぐ

中3の女子生徒が自殺とみられる問題。学校は集団いじめがあったにも関わらず「いじり」と認識。

 

■「犯罪として処理すべき」との声

報道を受け、ネット上ではいじめ加害者への非難や、自殺した女子生徒への同情の声があがった。また、遺族についても「転校も検討すべきだった」「そんな学校に行かせるべきではない」といった指摘もみられた。

・学校が動かないままのいじめ地獄になぜ登校させたのか? これからの親は、学校に行かせない勇気をもつべき


・いい加減日本人は”いじめ”とかいう甘ったれた生温い言葉使うのやめようよ やってる事は犯罪なんだから犯罪として処理しようよ


・叩いたり石投げたりをいじりっておかしくない? 傷害罪ですよ


 

■「いじりで逃げるな」との指摘も

また、いじめを「いじり」と認識して問題を放置していた学校側に対する怒りの声も。

・いじりといじめの違いも分からない教師は教師失格


・教師側もいじめだとわかってはいたけど、いろいろめんどくさいから「これはいじりだ、そうに違いない」と逃げてたんだろ。親まで相談来てるのに、いじりで済んでるわけないだろ


・「いじり」や「からかい」がいじめではないと思うのもなんか違うし、そもそも傘で叩いたり小石投げるのは「いじり」でも「からかい」でもないでしょうよ


■「いじり」と「いじめ」の境界線

おもにバラエティ番組で耳にする「いじり」という言葉。しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,342名に「イジり」について調査したところ、6割以上が「いじめだと思うことがある」と回答。

「いじり」のつもりで起こした行動も、被害者にとっては「いじめ」の場合がある。バラエティ番組のように、互いが信頼し合っている現場ならともかく、一方的に暴言や暴行を働いて「いじり」というにはあまりに無理があるだろう。


しらべぇ既報によれば、約半数がいじめられた経験があることが判明している。亡くなった女子生徒の冥福を祈るとともに、二度とこのような痛ましい事件が起こらないよう願いたい。目の前で起こっている暴言や暴力について、安易に「いじり」と判断しないようにすべきだろう。

・合わせて読みたい→中1男子が学校トイレで首吊り 悲痛な死に「学校調査の無力」を嘆く声

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年6月2日~2017年6月5日
対象:全国20代~60代の男女1.342名(有効回答数)

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ