「初めて女の子と親しく話せた!」 芸能人へのガチ恋エピソード

握手会などのイベントで距離が近くなり、ガチ恋に発展するケースも。

男女

2018/02/10 15:00

(lapandr/iStock/Thinkstock)

アイドルに本気で恋をすることは「ガチ恋」と呼ばれ、ときには面倒なファンになってしまうことも。

しらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,328名に「恋愛について」の調査を実施。

「芸能人に本気で恋をしたことがある」と答えた人は、全体で18.2%。節度を保った応援をしているファンが、大半のようだ。


 

■20代女性はジャニーズファンが多い

性年代別では、20代女性が一番多くなっている。

芸能人に本気で恋グラフ

やはり若い女性が本気になるのは、ジャニーズ相手が多いようだ。

「関ジャニの大倉くんが好きすぎて、周囲の男性にはまったく魅力を感じない」(20代・女性)


ジャニーズをガチ恋する人の中には、「同担拒否」と思っている人も多い。同じメンバーを好きな人はライバル…と思ってしまうため、仲良くできないのだ。

ジャニーズは女性アイドルと違って、なかなか会える機会がない。ロケ地などの聖地巡礼は、微笑ましい行為といえるだろう。

ただ、中にはルールを守らず常識を逸脱した行為をする人もおり、ジャニーズファンの間で「裏オリキ」と呼ばれ、嫌がられている。


関連記事:芸能人と仲良くなりたい? アイドルファンからは「つながりNG」の声

 

■初めて女の子と親しく話した

熱いのは、女性アイドルを推す男性ファンである。特に地下アイドルは距離も近いために、勘違いをしてしまう人もいるのだ。

「かわいい子に名前を呼ばれて、親しく話すことなんて、今までの人生でなかった。それが嬉しくて通っているうちに、さらに仲良くなれた気がして…。


そうなると、彼女のことが頭から離れなくなって、これがガチ恋だなって思った。どうにかしたいけど、どうにもならないのがつらい。お金も、めちゃくちゃかかるし…」(30代・男性)


ガチ恋は喜びだけでなく、苦しさも強いようだ。


■お金を払わないと会えない

ガチ恋から冷めた人は、自分が作り上げた幻想に恋をしていただけだったと語る。

「アイドルを本気で好きになると、SNSの投稿一つにもいろんな思いが出てくる。豪華なディナーや高級なブランドの画像だと、『アイドルらしくないから、止めたほうがいいのに』とか。


ふとした時に、これって彼女じゃなく、自分が作ったイメージを好きなだけじゃないかと気がついて。すぐにヲタ卒はできなかったけど、だんだんと気持ちが冷めて、現場にはまったく行っていない」(20代・男性)


アイドルにガチ恋を求めないファンからは、辛辣な意見も。

「アイドルとは、楽しい時間を共有できればそれでいい。そもそもお金を払ってしか会えない関係ってことを、忘れてはいけない」(30代・男性)


叶わない恋は、つらいもの。しかし、一度ハマるとなかなか抜け出せないのが、ガチ恋の怖いところなのだろう。

・合わせて読みたい→

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年11月17日~2017年11月20日
対象:全国20代~60代の男女1,328名 (有効回答数)

この記事の画像(2枚)


あなたにオススメ