新元号誕生でさらに混乱が? 今が平成何年かわからなくなる人たち

西暦をメインで使っている人は、いざというときに和暦が出てこないことも。

ライフ

2018/02/10 11:00

(bee32/iStock/Thinkstock)

2019年4月30日に天皇陛下が退位し、翌日の5月1日には元号が変わることになり、その新たな元号は、2018年中には発表される予定だ。

そこでしらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,328名に「和暦について」の調査を実施。

「今年は平成何年か、とっさに出ないことがある」と答えた人は、全体で51.0%と半数を上回る高い結果になった。


 

■昭和生まれが混乱している

年代別では、30代から50代で多くなっているのが印象的だ。

平成何年かわからない年代別グラフ

若い人のほうが、和暦に馴染みがない気もするが…。

「平成生まれは、それほどややこしくならないと思う。昭和生まれは元号をまたいでいるから、誕生日から換算するのも難しい」(30代・女性)


20代が半数を切っているところを見ると、この意見は正しいようだ。


 

■高齢者は和暦を好む

お店のアンケートでも、和暦にまつわるエピソードがある。

「お店のアンケートで今日の日付を描く欄に、『平成』と頭に書かれていた。西暦が使えないためちょっと混乱してしまい、スマホで確認をした」(30代・女性)


高齢者には、和暦のほうがしっくりとくるようだ。

「私がバイトをしているお店のアンケートは、西暦で書けるようにしている。だけど高齢のお客さんは誕生日を和暦で書く人も多い。元号を略す人もいて、一瞬、どちらか戸惑う」(20代・女性)


■公務員が多い理由

会社員と公務員を比べると、大きな違いがある。

平成何年かわからない職業別グラフ

公務員のほうが、割合が少ないのだ。

公的機関の書類は、元号を使用するのが慣例となっている。仕事でよく使う公務員は、和暦で戸惑わないようだ。

一方で会社員は、その会社の基準によっても変わる。

「うちは明確な基準がないから、各自の判断。社内で、和暦と西暦が入り交じる状態になっている。思想的なものではなくただ面倒だから、和暦はなくしてもいいと思う」(30代・男性)


しかし、和暦の廃止は、反対意見も多い。

「面倒なのはわかるけど、やはり文化なので完全になくすのは違う」(40代・男性)


新元号が始まると、さらに混乱する人が増えるかも。

・合わせて読みたい→「新元号」は来年にも発表 過去の「頭文字ランキング」から予想

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年8月25日~2017年8月28日
対象:全国20代~60代の男女1,328名 (有効回答数)

この記事の画像(3枚)

あなたにオススメ