「大切な人を殺された」 『アンナチュラル』遺族の心情映す容赦ない復讐に反響

本筋のストーリーも大きな展開を迎えた第5話。中堂(井浦新)が抱える闇は想像以上に深かった…

エンタメ

2018/02/10 14:00


 

■容赦ない復讐に「鳥肌」

鈴木を「救いたい」と語っていた中堂の言動や、衝撃の展開にTwitter上も騒然。反響が広がっている。

実際に行動に移すかどうかはさておき、大切な人を殺された人間の心情としては、鈴木の行動は「現実味を帯びている」「あれが本当のリアルだ」とコメントする声も多くあがっている。


関連記事:「死んだ後も迷惑をかけやがって」 子供たちが親の遺体を棺桶から引きずり出す

 

■ミコトと中堂、編集部と久部の関係が揺らぐ

鈴木の殺人を助長した中堂。彼が抱える闇の深さを知ったミコトは、「答えのない問い」に決着を付け、「UDIラボを辞めてほしい」と発言。

また、『週刊ジャーナル』の編集長(池田鉄洋)によってラボに送り込まれていた久部も、ミコトに好意を持ってしまったことや、編集長の思惑に疑問を抱きはじめる。

本筋のストーリーも大きな展開を迎えた第5話。次回は「異性間交流会」で出会いを求める東海林が危機的状況に…? 様々な伏線の行方にも注目だ。

《これまでに配信した『アンナチュラル』記事一覧はこちら

・合わせて読みたい→「銃のおかげで家族を殺害できた」 妻を射殺した男がまさかのツイート

(文/しらべぇドラマ班・もやこ イラスト/みかごろう

この記事の画像(3枚)