次期蔵元が手がける新ブランド『K』シリーズが快走 江戸時代から続く千代の光酒造

2011年に実家に戻った次期蔵元による新商品もヒット。


 

① 『千代の光 真 特別本醸造』

やや甘口が主流の千代の光酒造だが、これはキリッと引き締まったやや辛口タイプ。穏やかな飲み心地でキレのある味わいが心地いい。

原料米は五百万石と美山錦。飲み疲れしない清涼感は常温か冷酒で引き立つが、温めてもふわりとして美味しい。


関連記事:話題の”度数9%”にレベルアップ 「こだわり酒場のレモンサワー」新商品を試飲

 

②『千代の光 天福 本醸造』

千代の光

本醸造だが大吟醸クラスによく使われる山田錦を使用。この米は、平成元年より契約している農家によって、地元吉川区の山間中腹で作られているものだ。

やや辛口仕立てながら、ほのかに感じられる甘さが喉元を爽やかに通り抜け、快い酸としっかりした味わいは絶妙。


③『純米吟醸 KENICHIRO 参割麹』

千代の光

精米歩合50%の五百万石を使用。この米を使うと一般的にキレのいいシャープな酒になるが、がっちりとした味のある酒を目指して、麹の使用比率を通常の2割から3割に上げることを着想。

結果、芳醇で豊かな甘み、力強い酸のある酒質を実現した。

・合わせて読みたい→嫌なことがあったときには酒に逃げる? 30代会社員が感じるストレスとは

(取材・文/しらべぇ編集部

この記事の画像(8枚)