『ルパンレンジャー VS パトレンジャー』 仲間を見捨てるヒーローの信念に絶賛の声

スーパー戦隊シリーズの新作は、怪盗 vs 警察の「ダブル戦隊」。ルパンレンジャーとパトレンジャーに期待の声。

 

■「死ぬ気で怪盗」にカッコイイの声

「自分のことは自分でどうにかする」「助け合わない」という、これまでにはない仲間関係のルパンレンジャー。ネット上でも「カッコイイ」「アウトローっぽくて良い」と好評のようだ。


関連記事:熊田曜子(36)、ビキニからこぼれる「わがままバスト」がセクシー過ぎる 妖艶な表情にも注目

 

■1話ではギャグ要員のパトレンジャー

(画像はTwitterのスクリーンショット)

第1話では「正義のアウトロー」であるルパンレンジャーの信念が明かされたが、パトレンジャーについてはまだ謎だらけ。熱血漢で悪事を許さない朝加のキャラもあり、1話の時点ではギャグ要員としての役割が強い。

次回予告ではパトレンジャー3人が合体して、『太陽にほえろ』の故・松田優作が演じる「ジーパン刑事」の殉職シーンのセリフ「なんじゃこりゃぁあ!」を叫ぶというパロディも。

ネット上でもパトレンジャーのギャグ要素を楽しむ声があがった。

https://twitter.com/meteo_sm/status/962491136861396993


強い信念で互いを助けないルパンレンジャー、そしてギャグの要素満点のパトレンジャー。ダブル戦隊の今後に目が離せない。

・合わせて読みたい→トム・ブラウンのみちおの元カノがパンチ強すぎ 「ネット番組で坊主に」「炎の鎖のタトゥー」

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん

この記事の画像(3枚)


あなたにオススメ