しらべぇ

和田アキ子も称賛 記録的豪雪に見舞われた福井県に現れた「救世主」が話題に

豪雪の国道8号線に現れた救世主が話題

地域

大雪

(MarianVejcik/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)

11日に放送されたTBS系情報番組『アッコにおまかせ!』では、記録的な大雪に見舞われた福井県の話題が取り上げられた。番組では、「国道8号線に現れた救世主」にMCの和田アキ子が称賛の声をあげた。

 

■国道8号線に現れた救世主

6日、福井県では記録的な豪雪に見舞われ国道8号線では約1500台の車が6~8日にかけて立ち往生した。災害救助要請を受け陸上自衛隊も車の移動作業に参加した。

そんな中、ヤマザキパンは商品の輸送中に国道8号線に立ち往生した18台のトラックから、4万6900個の自社製品を開放。

また、国道8号線沿いに店を構える「餃子の王将丸岡店」は、豪雪で立ち往生したドライバーに店を開放し、ラーメンなど温かい料理を無料で提供。立ち往生の車列にも料理を運んだことを、8日夜に毎日新聞web版が報じている。

これらの対応に和田アキ子は「救援物資も届かないし、いいアイディアです。素晴らしいことですよ」と称賛。勝俣州和は「一生忘れないよね、ありがたいことだよね」とコメントした。

 

■王将とヤマザキパンは神対応

ネットでは「神対応」だと称賛する声が目立っている。

 

■約2割が逆境に燃える

しらべぇ編集部では、全国の20~60代の男女1,400名を対象に「トラブルが起きると燃える」人の割合を調査を実施。

全体では20.5%が「トラブルが起きると燃える方だ」と回答。男性が21.6%に対し、女性は19.4%と男性がやや高く、「いざとなったら、がんばれる」というのは男性のほうが多いようだ。

性年代別で見てみると最も低い20代男性の14.4%と、最も高い50代男性25.5%の間には、11ポイントの開きが。女性では30代が15.8%と低めの数字だが、それでも20代男性よりは高く、「トラブルに弱い」とも受け取れる20代男性の数値が気になるところ。

突然、記録的な豪雪というトラブルに巻き込まれてしまうと慌ててしまう人は多いかもしれない。しかし、そんな中でも人助けに尽力した「餃子の王将丸岡店」と「ヤマザキパン」の対応に感銘を受けた人は多いかもしれない。

・合わせて読みたい→なぜマツコは王将からSUBWAYに乗り換えた? ミもフタもないその理由とは

(文/しらべぇ編集部・嘉手川 裕太

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年1月20日~2017年1月22日
対象:全国20代~60代の男女1,400名(有効回答数)

この記事の画像(1枚)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu