『海月姫』瀬戸康史「俺を見ろ!」からの不意打ちキスにキュン死者続出

安達祐実のノムさん再現度の高さに沸いた第5話は、蔵之介のきれい&カッコよさも炸裂

 

■千絵子の母・千世子が…

この後姿を見た時に、なんとなくそんなことになる気はした。

原作でも同一人物と見まごうばかりの母娘なので、当然の帰結ではあったが…

TLはツッコミであふれる。


ちなみに、千絵子の母・千世子に関しては、「韓流追っかけ」から「羽生結弦ファン」への設定変更は原作ファンにも好意的に受け止められていたが、こんなコメントも…

平昌オリンピックのタイミングと相まって、計算し尽くされた演出に感心しきりだった。


 

■今回の花森さん

(画像提供:(C)フジテレビ『海月姫』

慶一郎の指示で妨害工作を仕掛けていたはずだが、いつの間にか蔵之介の指示に従って、ファッションショーの手伝いをしている通常運転な花森さん。司会者を考えていなかった危機に、ナイスなタイミングで登場。

この花森さんの司会ぶりに、東村アキコ先生も大喜びの様子。


そしてその前には、ついに――というか、突如として「ばんば先輩」も飛び出した。

慶一郎はもちろん、蔵之介や修の指示にも従う花森さんだが、「ばんば先輩」にも絶対服従なのだ。


■まややのモデル姿に

(画像提供:(C)フジテレビ『海月姫』

「ファッションショー」回を楽しみにしていた人の中には、まややのモデル姿を心待ちにしていた人も多く、みんなうっとり。

東村アキコ先生も思わず真顔に。

そんな本職モデル・内田が演じているのだが、

ちゃんと(?)まややなのが、素晴らしかった。

次ページ
■蔵子のお姫様っぷりもハンパない

この記事の画像(16枚)

あなたにオススメ